Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
【Thailand】 タイで食べる屋台の麺料理
 アメリカ大統領選も無事終わりまして、Bush大統領が再選されてしまいました。はぁ~。あの好戦家があと4年、"世界のリーダー"やるのかと思うと、なんかブルーになってしまいます。まぁ、決まってしまったことを悔やんでもしょうがないですからね、これからは彼がもうちょっとマトモなリーダーに、人を殺して喜ばないリーダーになって欲しいと願うばかりです。

 さて、ここからは気を取り直して、旅の話をタイから再開です!

a0018745_2021344.jpg タイで食べるゴハンといえば、やっぱり安くて美味しい屋台は欠かせません。私は旅行中におなかを壊した経験がないので、平気でガンガン食べまくります。今回はちょっと事情があってあんまり食べられなかったのですが、意地で屋台の麺料理(便宜上、以下ラーメンとさせていただきます)だけ食べてきました。ちょっと紹介してみます。
a0018745_20201020.jpg タイのラーメン、こんな感じが多いです。豚・鶏ベースであっさり味の透明なスープで、麺と具は好みで選ぶことができます。
○麺=米の麺(太麺/中太麺/細麺)または小麦麺
○具=鶏または豚を選ぶ。
 ほかに具としてもやしとつみれとパクチーが入ることが多いかな。私がこの日食べたのはポーク・小麦麺のパクチー抜き。パクチー苦手なもんで (^^;
a0018745_2020224.jpg で、ここからがタイ・ラーメンの醍醐味。麺を頼むと必ず、この4つの調味料が出てきます。これで、あっさりスープにオリジナルの味付けをしていただくわけです。
 手前から時計回りに ①乾燥トウガラシ ②お砂糖 ③トウガラシ入りナンプラー ④辛いお酢 になってるはずです。私が好きなブレンドは、トウガラシ入りナンプラーを少し、乾燥トウガラシを少し入れて、最後に砂糖をパラパラッと入れる。ウ、ウマイ。。。

ここで「えっ?」と思った方、いませんか? 
「ラーメンに砂糖入れんなよ (`□´)コラッ!」って。


 そう思ったアナタは、間違いなく正しい日本人です。でもね、これが食べてみると、なかなかイケるんですよ。私も初めて勧められたときは半信半疑だったので、砂糖あり、なしのラーメンをしっかり食べ比べてみました。すると、ノーマルのスープはかなりあっさりしているんですけど、砂糖を入れると不思議とコクのような、深い味わいがスープにプラスされるのです。意外にも結構美味しいんですよー。

 ただし、度を過ぎると甘くなってしまうので、入れすぎは禁物。あくまでも、パラパラッと、味をチェックしながらさらっと入れるのがいいんじゃないかと思います。皆さんもタイに行く機会があったらぜひ試してみてくださいね!

タイの麺料理 : 好みの麺を好きな調理方法で by Amazing Thailand
[PR]
# by trans-islands | 2004-11-04 20:25 | Asia
 
NO MORE WAR, NO MORE BUSH !
a0018745_1547295.jpg 明日は11月の最初の火曜日。アメリカで大統領選挙が行われる日です。
 私は日本人ですが、ケリー候補を強く支持します。ってゆーか、
NO MORE WAR, NO MORE BUSH !

 この選挙に先立ち、先週私はあるアメリカ人とメル友(というより、Discussion仲間)になりました。毎週参加しているWeb写真コンペ Photo FridayKevinの写真にコメントしたのをきっかけに、見たこともないアメリカ人と戦争についてDiscussionする羽目になってしまったのです。

 話題は第二次世界大戦時のアメリカ、日本の立場。被爆者の話など。。。何通もメールをやりとりするうちに、私は思い切って、常々疑問に思っていたことを聞いてみました。

trans-islands「"戦争"といえば、Bush大統領が始めた戦争についてアメリカ人はどう思ってるの?彼が演説で繰り返している通り、もしイラク市民のために戦争しているのであれば、きっと市場や住居、一般市民を空爆できないと思うんだけど。。。アメリカ人は、それもテロとの戦いのために納得して支持してるのかな?」

そんな一日本人の素朴な疑問に、彼は一アメリカ人として率直に答えてくれました。

Kevin「Bushはidiot(大馬鹿)だよ! でもアメリカ市民としてホントに恥ずかしいことだけど、実際半分くらいの人はBushを支持してる」

trans-islands「やっぱり……。それは何故? 実は国内政策がものすごく素晴らしいとか、国外からはわからない理由があるのかな?」

Kevin「彼はね、国民を脅して恐怖感を煽ることで、自分への支持を集めようとしてるんだよ。で、Bush支持者の多くは、彼が言ってる架空の脅威(今後のテロとか)を恐れて、深く考えないまま支持してるみたいなんだよね」

trans-islands「ほほー。じゃ、あなたは民主党支持者なんだー(ちょっと安心)。。。」

Kevin「僕はBushが再当選しないように、心を込めて一票を投票するよ。Kerryが当選すれば、無駄な攻撃や無駄な死が減るんじゃないかとホントに思うんだ。……今回はいろいろ教えてくれてありがとうね」  以上が概略です。 

 今回、私にとって新鮮だったのが、「Bushは国民の恐怖を煽って支持を得ようとしている」っていう見方でした。「テロがまた起こるぞ」「起こさないためには、イラクに潜伏するテロリストを攻撃するしかない!」こういう趣旨の発言を繰り返して国民の恐怖感を煽り、怖くなった国民が共和党を支持してるわけですね。

 私には、イラク戦争はとにかくYoung Bushがパパの念願(打倒サダム)を叶えたいだけのように見えますし、途中からは意地だけで戦争を続けてるように見えます。毎日爆撃されているイラク市民の立場からすると、香田くんのように理不尽な殺され方をしている人がたくさんいるわけですよね。このまま続けても、憎しみしか生まれないような気がします。「もうこのへんで今までの矛盾を認めて、戦争やめませんか、Bush大統領。……っていうか、Kerry候補が当選すればマシになるような気がします。アメリカ市民ではありませんが、Kerry候補の当選を心より祈りつつ、戦況を見守りたいと思います。

【写真は9.11テロの現場、ニューヨークのGround Zero。半旗の右上に飛行機が飛ぶ】

Excite エキサイト : 国際ニュース「ケリー候補が激戦4州を遊説、浮動票層に支持訴える」
Excite エキサイト : 主要ニュース「ブッシュ米大統領が激戦州で最後の遊説、再選を楽観していると強調」
週間こどもニュース by NHK : 「ケリーさんって、どんな人?」
[PR]
# by trans-islands | 2004-11-01 16:23
 
【FINLAND】 デザイン家具のある小さなカフェ
a0018745_19302771.jpg
 ちょっと重い話題でしたので、今日はカフェでひとやすみ。。。

 写真はフィンランドの首都・ヘルシンキでの1枚です。ヘルシンキで(きっと)最大の本屋さん「アカデミア書店」の2階に、写真のカフェ「CAFE AALTO」があります。アアルトといえば、フィンランドの超有名建築家・デザイナー。彼デザインの家具は日本でも有名で、家具屋さんで超高額で売られているのを私もみかけたことがあります。ちなみに、アアルトがデザインしたものはすべて「アアルト財団」によって厳しくライセンス管理されてるそうです。

 そのアアルトの名を冠した小さなカフェ。アアルトの手による貴重なアンティークに、コーヒー代だけで身近に触れられるスポットです(※今では黒い革張りの椅子と、ペンダントライトだけがアアルトだそうです)。そんな場所でいただく紅茶はまた格別。ゆっくり美味しくいただきました。そのとき店内にいたマダムたちには、手作りのベリータルトが人気だったようです。

 このカフェは本屋さんの中にありますので、お買い物途中の休憩場所としてもぴったりです。いつも客足が途絶えない、市民に愛されるカフェでした。
[PR]
# by trans-islands | 2004-10-31 20:02 | Europe
 
私が旅に出る理由
 あちこちのBlogでも話題になってる香田くん人質事件。私も旅する1人として、考えさせられることがあり…… うまくまとまらないかもしれませんが、少し書いてみようと思います。

 私は旅が大好きです。そして、少し前まで旅系メインのフリーライターをしていましたので、1人で旅に出る機会がとても多いです。行き先はアジア・太平洋地域がほとんどですが、たまにアメリカとかカリブとか南米にも行ったりします。今回の事件が起こったイラクなど、中東方面にはまだ行ったことがありません。

 私が旅に出る理由ですが、「仕事だから」というだけでは片付けられません。というのも、長期出張でガイドブックなどの取材に出かけるよりも、日本でできる仕事をたくさん受けたほうがまだお金になるんです。じゃあ、なぜそんな仕事も受けてたのかっていうと、やっぱり旅が好きなんですよねー。その理由ひとことで言うと「自分の知らないことを知ることがうれしい」って感じでしょうか。

 日本で生まれ育ったtrans-islandsは、日本の常識の中で生きています。でも、この島国から外に出れば、私がこれまで生きてきた日本の常識はぶっ飛びます。食べるものもそう、人の考え方もそう。生まれた国と全然違う風景や街のにおいなんかに触れるたび、「ほほー。なるほどー。」と感心してしまいます。それが、楽しい。わけわからんものを食べたりとか、ものすごい田舎町で田んぼにハマったりすると、無性にうれしくなっちゃいます。そんな風にして、これまでいろんな国で、いろんな勉強させてもらってきました。

 それから、一人旅をしているときの私は、かなり臆病です。仕事で仕方なく行った国でヤバそうな雰囲気を感じたことも何度かあったのですが、そんなときは日本大使館に駆け込んで、特に危険なエリアやその国での注意点などを教えてもらいます。夜は絶対外に出ません。セキュリティのしっかりしてる高いホテルに泊まって、安全をお金で買うこともあります。服装にも気を遣います。安全そうに見える街でも、1人の時はおとなしく過ごします。まぁつまり、かなり臆病なんです。なんてったって、1人ですから。誰も助けてくれませんからね。

 そんな私から見た香田くん。戦場に行くにしては、あまりに無邪気だったんでは?
お金も持たず、ビザも持たず、言葉も通じず……。それでも「きっとなんとかなる」と思ったんでしょうか? その装備で、家族にも内緒で、戦争中のイラクに行ったのは何故?? そのへんの答えがどーしても想像できない。彼の「知りたい」という気持ちは理解できるだけに、ここ数日の私の頭の中はずっと「ぐるぐるぐるぐる……」ってしています。

 テロリストが言う「48時間」は過ぎてしまったようです。さらに、身元不明のアジア人の遺体も見つかったとか。今はもう、彼を責めるのはやめて、無事を祈ろう。見つかったアジア人の遺体が彼でないことを願おう。

 香田くん、日本に帰ってきて教えてください。アナタがどうしてイラクに行ったのか。そこで何を見てきたのか。そこでどんな自分が見つかったのか。

無事の帰国を、心よりお祈りいたします。

10月31日追記: 香田さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
# by trans-islands | 2004-10-29 16:19 | Daily
 
【Thailand】 タイで牡蠣を食す!
牡蠣、大好きです。
冬の牡蠣もいいですが、夏の岩牡蠣なんかも最高です。
食べ方としては、やっぱり生牡蠣がいちばんですね。
レモンと岩塩だけでツルッ、ポン酢と紅葉おろしでツルッ、
たまにはケチャップ+レモンなんかでもツルッと。あー、最高ですねー。

日本でもそんな調子なんで、タイでもいつも生牡蠣を食べちゃいます。プーケットとかサムイ島、近隣の港町なんかでは、フレッシュな牡蠣が入りますからね。うまいもんの前では「怖い」なんて言ってられません。いつも食べまくりです。当然今回もきっちり食べてきましたよー。

a0018745_205775.jpg 写真がちょっとイマイチですが、こちらが今回バンコクの高級シーフードレストランでいただいた生牡蠣です。

 サイズはちょっと小ぶりです。お値段は、島の屋台だと1個20バーツくらいだったかな。この高級店では1個50バーツでした。味はね、やっぱり日本のヤツよりもちょこっと臭みがある。なんで、つけあわせとチリソースでガツンとごまかすわけです。
a0018745_2010870.jpg
 こちらがタイで生牡蠣をオーダーすると必ず出てくるつけあわせです。この皿には必ず5つ載ってます。

1.マナオー (ライムみたいなやつ)
2.ニンニク (当然生です)
3.トウガラシ (私には辛すぎ)
4.揚げタマネギ (奥の茶色いもの)
5.雑草みたいな草

 ここでポイントになるのが「5.雑草みたいな草」です。牡蠣と一緒にコレを食べると当たらないといわれているんです。毒消し草ですね。ホントに雑草っぽい味ですが、毒消しならば食べねばならぬ……。くぅ~(T~T)。 なーんて、私はもう慣れました。実はそんなにまずくはないです(美味しくもありません)。

 というわけで、タイで生牡蠣を食べる手順は以下のようになります。

STEP1 マナオーをたっぷり絞る
STEP2 ニンニクを細かく千切って、牡蠣の上にばらまく (好みでトウガラシも)
STEP3 揚げタマネギを山のように載せる
STEP4 付属のチリソースをドロッとかける
STEP5 ツルッといただく!
STEP6 草をつまみに食べる


 文字で書くとそんなに美味しそうでもないんですけど、たぶん写真で見てもあんまり美味しそうじゃないと思うんですけど、いやー、これがマジでうまいんですよ。病み付きになります。軽く5個くらいはいけるし、10個は食べても平気なんじゃないかと。うれしそうに食べてる私を、Bossは異星人でも見るような目つきで眺めてたんですけどね……。

 とにかく、私はタイで食べる牡蠣が大好きです! 激しくおすすめです! でも…… おなかを壊すのが怖い方や、「新鮮なものを出してそうな店」の見極めが苦手な方は、やめといたほうがいいかもしれませんねー。以上、牡蠣の巻でした。
[PR]
# by trans-islands | 2004-10-28 20:57 | Asia


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web