Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
<   2004年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
小笠原・南島の風景 パート2
小笠原・南島の風景の続きです。
←前回の写真を撮った立ち位置から、左に90度向きを変えると……


↓南側には、こんな風景が広がっています。
a0018745_1828582.jpg ここは"サメ池"と呼ばれている小さな湾です。この島の周辺はサンゴが隆起してできているので、砂が真っ白。水深の浅いところに真っ白の砂地がにあると、海の色はこんなに明るいブルーで見えてしまうのです。キレイですねー。

 サメ池という名前の由来はもちろん、サメがいっぱいいるからでーす。とはいっても、ネムリブカというおとなしいサメで、50cm~1mくらいの小さな奴らだけが隅っこに固まっています。奴らは結構怖がりなのです。フフフ。

他にも、小笠原の美しい風景写真・水中写真を公開しています。お時間のある方はぜひどうぞ!
カテゴリ「小笠原」 カテゴリ「水中写真」
(水中は小笠原以外の写真も含まれてまーす)
[PR]
by trans-islands | 2004-09-30 18:36 | Ogasawara
 
【シリーズ・ナゴヤメシ】 味噌煮込みうどん
 最近、突然仕事が忙しくなり、レスや更新が遅れがちです。でも今日は、台風が接近中なので早く帰宅しちゃいました。そこで、久しぶりのナゴヤメシシリーズをアップします。

 「名は体を表す」といいますが、そのお手本みたいな料理ですね、味噌煮込みうどん。でも、ただ味噌汁にうどんを入れればいいというものではありません。麺はもちろん、手打ちの生麺。具は、かしわ(鶏肉)と卵とネギ、かまぼこが基本。しいたけとかあぶらげ、根菜類が入ってても良いですね。それを煮込むのは、どこの家庭にも当然常備されている"土鍋"でなければなりません。生麺と具を、赤味噌ベースのブレンド味噌でとろりと煮込むのです。……と、うんちく語り出したらきりがないので、興味のある方は味噌煮込みうどん専科をドーゾ!

 さて、先日、ブログ仲間のThunderballさんから"ナゴヤで味噌煮込み食べてきましたよ"とレポートをいただきました。そのおかげで私、普段は冬しか味噌煮込み食べないのに、無性に食べたくなってしまったのです。普段は冬しか食べないのに、早速近くの店にでかけていきました。友人のBloggerbuhikonさんと一緒に。

 私たちがオーダーしたのは「味噌煮込み(上)」950円(上と並の違いは、「肉が入ってるかどうか」だそうです)。待つこと10分弱、おなかをすかせた喰いしんぼう2人の前に、念願の味噌煮込みうどんが運ばれてきました!!!
a0018745_16445145.jpgこれが尾張名古屋の味噌煮込みうどんだがね

 アツアツの土鍋のふたを取ると、いつものように湯気がブワッと噴き出してきます。……味噌煮込みって、ナゴヤ以外の人にとっては「くどい」っていうイメージがあるみたいなんですけど、ちがいますよー。ラーメンの解説風に言うと、
「コクがあるのにさっぱり」
 この一言に尽きます。赤味噌ならではのコクのあるスープに、生の手打ち麺についてる小麦粉が微妙なトロみをプラス。それなのに、ダシがたぶんカツオやムロアジなどの和風さっぱり系なので、見た目ほどのくどさはありません。

 麺はちょっと太めなのですが、絶妙なコシを保った状態で仕上げられています。この太麺と味噌のスープがよくからみ…… そこに半熟卵(写真中央)から卵黄がトローッと……。あぁ、もうたまらん。で、アツアツのまま、「フーッ、フーッ」ってしながら、「熱っ」とつぶやきながら、食べるのです。もう最高!

 いやー、半年ぶりの味噌煮込み、ホントに旨かったです。これはThunderballさんに感謝せねば。……と、一気に食べ終えたtrans-islandsでした。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-29 22:08 | Nagoya
 
小笠原・南島の風景
a0018745_15565355.jpg 先日、Photo Fridayへのエントリーで小笠原で撮影したカツオドリのヒナを紹介しました。カツオドリが棲んでいる南島(みなみじま)、とっても美しい無人島なんです。
 
 写真は南島にある「扇池」(おうぎいけ)といって、奥のほうにある小さな穴が外洋につながっているのでそのまま海に出ることができます。この小さな扇形の池の中にもサカナ泳いでいます。

 扇池のまわりのビーチは美しい白。パウダーサンドです。ここに、「ヒロベソカタマイマイ」という珍しい貝の化石がゴロゴロ落ちています。この珍しい地形は、世界に2~3か所しかない「沈水カルスト地形」というものらしく、サンゴの隆起でできた島が浸食されたカルスト地形だったものが、地殻変動で再度沈んでこのような形になったようです。

 ただ、この島はその美しさのあまり、人気の観光スポットになってます。観光客の中には、いろいろ無頓着な人もいますよね。。。ここの砂を持ち帰ったり、ヒロベソカタマイマイの化石を持ち帰ったり、植物を踏み潰したり……。また、観光客の靴底についた土壌が原因と思われる外来種の植物が定着して、この島の生態系に変化を与えてもいるようです。

 そこで、ダイビング大好き&小笠原大好きの東京都の石原都知事が、「この素晴らしい環境を後世に残そう」と、島の保護に取り組むことに決めました。現在はルールのもとで、ガイドを伴って生態系に悪影響を与えないような観光政策が取られています。必ずガイドを伴うこと、入島の前に靴底を洗い流すこと、散策ルートから外れないように散策すること、何も持ち帰らないこと……。それらのルールを守れば、今でもこの美しい風景を楽しむことができます。

 それにしても、なんてキレイなんでしょう!! 何度上陸しても、この景色には感動します。以前は扇池のアーチの上から沈む夕日を眺めたりもできましたが、今となってはかないません。残念ですが、この美しい島を守るため……。納得することにします。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-27 16:16 | Ogasawara
 
「おすすめブログ返し!!」のお返し♪
Thunderballさんの「多事論争」おすすめBlog返し!! からTBです。

 Blogを始めた頃からずっと、お互いに書き込みしあっているBlogger、Thunderball-01さん。お仕事は内科のお医者様。お医者様ならではの病気や病院の話はもちろんのこと、お仕事とは別の時事ネタへのつっこみも鋭く、いつも「へぇー」などと感心しながら楽しく読ませていただいています。

 そんなThunderballさんのブログ"多事論争"がこのたび、エキサイトの"おすすめBlog"に認定されました! おめでとうございまーす!! \(^ー^)/ Thuderballさんファンの私としては、なぜか自分が認定されたときよりもうれしいんです。わーい!!
a0018745_0282414.jpg
 さて、Thunderballさんは私の想像どおり、とっても律儀で義理堅い方のようです。たくさんの人の目に触れるこの機会に、彼がいつも交流していて、その中でインパクトの強いBlogの紹介記事を書いてくれました。その筆頭として、我がBlogもご紹介していただいたのです。どうもありがとうございます。ということで「おすすめblog返し」へのお返しです。

 Thuderballさんは、私が理解不能なニュースetc.に遭遇して「なんで?? どうして??」と考え込んでしまっているようなとき、絶妙のタイミングで記事を立ち上げて
ズバッと斬ってくれます。きっと、世の中で納得できない部分のツボが似ているのかもしれません。ともあれ、どの記事も読んでいて気持ちよく、納得できるので大好きなのです。

 また、お医者様というお仕事柄、一般の人からはわかりにくい「医療の現場」についても教えてくれます。お医者様を盲目的に崇め奉ってしまう私には、とても勉強になるものでした。→カテゴリ「医学
 エイズ/HIV関連の記事も心に染みるものがあります。「私には関係ない病気だし」と思っている方にも勉強になると思います→カテゴリ「AIDS・HIV

 さらに、旅行先がとても似ています。タイ、ミャンマー、小笠原などなど……。以前、ふたりで盛り上がってしまい、「小笠原特集」「ミャンマー特集」を開催したことも。 →カテゴリ「東南アジア

というわけで、trans-islandsの超おすすめBlog、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!
多事論争 by thunderball-01
[PR]
by trans-islands | 2004-09-27 00:20 | Daily
 
【Photo Friday】 ちょっと珍しい(?)鳥のヒナ
a0018745_214119.jpg 東京の南1000km地点に浮かぶ小笠原諸島。そのメイン・アイランドである父島の近くに「南島」という、とっても美しい無人島があります。(確か)沈水カルスト地形という、世界に数箇所しかない珍しい地形なのだそうです。

 この南島、観光客だけでなく、生き物たちにも大人気です。島の周りにはイルカやクジラたちが現れます。サカナもたくさん棲んでいます。そして、陸上では鳥たちが暮らしています。

 南島はカツオドリという渡り鳥の繁殖地でもあります。というわけで、毎年6~7月くらいにかけてヒナがたくさん生まれるんです。 このヒナが、かわいいんですねぇ。

 生まれたばかりのカツオドリのヒナは、全身真っ白のふわふわの羽毛に覆われています。それで、つぶらな瞳で親鳥を見つめる。たまに親鳥と間違えるのか、人間までも見つめてくれる。ものすごーくかわいいです。それが生後1か月が近づくにつれ、だんだん白い産毛に黒いものが混ざってきます。そして、飛び立てるようになる頃には、おなかが白、そのほかは黒の大人のボディになってしまいます。そして、子供から大人への過渡期にあるこの若いカツオドリが上の写真。きっと珍しいと思うのです。鳥は詳しくないので、もしかしたらものすごーく一般的な種類かもしれませんけどねー (^^;

a0018745_2223337.jpg←ちょっとわかりにくいけど、これが大人のカツオドリです。上の若い個体のようなかわいさはなく、真っ黒なボディで弾丸のように飛びまわります。で、エサになるサカナを見つけると、ものすごい勢いで垂直DIVE!! Coolなヤツです。
 ところで、この小さな南島は以前、上陸して自由に歩き回ることができました。でも数年前から"環境保護のため"ということで、入島制限が始まってしまいました。1日に上陸できる人数や歩き回れる範囲の制限とともに、ガイドをつけなければならないというルールが作られたわけです。というわけで、今ではもう、この写真を撮った岩場までは上がれなくなってしまいました。絶好のカツオドリ&夕日撮影スポットだったので残念ですが、ルールですから仕方ないですね。でもいつか、ふわふわの白い子供を撮れたらいいなぁ、といまだに夢見ています。

 以上、今週のPhoto Friday のテーマ、"Furry"(ふわふわ)へのエントリーでした!
[PR]
by trans-islands | 2004-09-25 22:28 | Ogasawara
 
さんれんぱい……(涙)
今日は愛する中日ドラゴンズの応援です。チケット完売・満員御礼のナゴヤドームに行ってきました。しかし…… 

Σ( ̄ロ ̄;)ガーン また負けたぁ……

思えば今週月曜日、スト明けのプラチナチケットを握りしめて讀賣戦へ → 1敗
火曜日、気を取り直して選手会長・古田のいるヤクルト戦へ → 2敗
水曜日、「私が行くと縁起が悪いから」と観戦を辞退。知人にチケットを譲る → か、勝った
本日は祝日のプラチナチケットを無駄にしないよう、気合を入れてヤクルト戦 → 3敗

 今週trans-islandsが参戦したナゴヤドーム3戦、ぜんぶ負けました(涙)。そしてドラゴンズは明日から、横浜-神宮球場への旅にでてしまいます。きっとあっちでマジック点灯、優勝を成し遂げてしまうでしょう、、、。5年前、東京に住んでいたにもかかわらず、優勝当日だけ会社の行事で伊豆大島に島流しに遭ったという苦い記憶が頭をよぎります。今年こそは目の前で胴上げをみたかったのに……。残念です。

 でも、今日はそれなりに楽しめました。ナゴヤドームを埋め尽くすドラゴンズファン、ドーム5階がひとつになったウエーブ、ドラゴンズ応援歌「燃えよドラゴンズ」を歌う歌手・水木一郎氏の来場で、応援はかなり盛り上がりました。それに、NPBとの話し合いを妥結させたヤクルトの古田選手会長、9回に代打で登場して見事にヒットを決めてくれました。一応楽しめるファクターは盛りだくさんだったので良しとします。でもドラゴンズが勝たないと楽しみ半減だなぁ……。くぅ~。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-24 00:00 | Nagoya
 
Manta Ray
a0018745_14485570.jpg
 秋だというのにちょっと蒸し暑い今日。エアコンつけると涼しすぎるし、気持ちいい風が吹いているので、窓を全開にして仕事をすることに。でもやっぱ暑い。デスクトップのイメージを海に変えるか……。

 というわけで、今日のイメージは↑マンタ様に決定!

 日本名・オニイトマキエイ。英名・Manta Ray。海の中を飛ぶように泳ぐコイツはとにかくCoolです。水中カメラを持ち、激流に逆らいながら、マンタを狙ってシャッターを押すときは、アタマの中にエンドルフィンがどばーっと出てくる感じで、かなりの興奮状態に陥ってしまいます。

 この写真は数年前に小笠原・父島で撮影しました。このときは特に流れが強く、とにかく必死だったのを覚えています。水深は15メートルくらい。写真では深い青が出ていますが、そんなに深くないんですよー。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-22 15:03 | Ogasawara
 
消火栓、日米対決!!
 今日、写真のストックをパラパラと見ていたら、消火栓の写真を2枚、発見しました。同じ役目を持つものなのに、国によって形も色も全然違うもんですねー。まとめて紹介します!
a0018745_22585053.jpga0018745_2332117.jpg
左は、アメリカはニューヨーク州の小さな町、Woodstockの消火栓。
右は、愛知県の小さな町、常滑の消火栓。


 日本のほうはモノクロで撮ってしまったんですが、色はもちろん皆さんご存知の赤です。でも、古い町並みにしっくりと溶け込んでいて、いい味出していました。Woodstockのほうは白とオレンジのツートンカラーでかわいいですよね。

 私はどちらも結構好きなんですが、皆さんはいかがですか?
[PR]
by trans-islands | 2004-09-17 23:00 | United States
 
【Photo Friday】 今週のテーマは"Domestic"
 困ってしまいました。今週のPhoto Fridayのテーマは "Domestic"。"家庭内"または"国内"のキーワードで、喜んでアップできるような写真を思いつかないのです。家は古くて汚いし、日本を象徴するような富士山や京都の写真だって持ってないんです。。。

 仕方がないので、Space ALCで辞書を引き、そこからヒントを探ることにしました。すると、一番最後に出てきたこれ
domestic
【形-3】 自国{じこく}の、国内{こくない}の、国産{こくさん}の、国内向けの

 おぉー、これならいけるかも。この訳に一縷の望みを託すことにしました。

a0018745_22221262.jpg というわけで、またまた愛車・フィガ郎の登場です(いつも見てくれている皆さん、ごめんなさい)。

 こんなクラシカルでヨーロピアンな外観をしていますが、我がフィガ郎は純国産!
MADE IN JAPAN です。
日産バンザイ!
 そして、実は先月、各国から来た陶芸家さんとのパーティーにフィガ郎で出かけたことがあるんですが、そのときみんな大絶賛だったのです。「買いたい」「連れて帰りたい」「陶器がいっぱい売れたらこれを買うわ」と言ってくれた人さえいました。
 なので、今週はフィガ郎のかわいさに頼りたいと思います。どうなることやら……。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-17 22:37 | Daily
 
POLGAでお気に入りが撮れました!
 せっかく写真専用の新ブログをスタートしたんだから、メインのほうでは書かないぞ……と心に決めていたんですけど……。今日はお気に入りが撮れてちょっとご機嫌なので、こちらにもアップしちゃいます!
a0018745_22533813.jpg近所の壁です。

 黒い壁になぜか、焼き物の海の生き物たちが貼り付いていました。タコさん、サカナさん、フグさん、、、 5メートルほどの壁が全部埋まってました。

 こういう写真って好き嫌いがあるかもしれませんが、私は好きです。HOLGAの欠点でも美点でもある「覗いてるみたいな感じ」が出ているし、被写体もなんだかかわいい。気に入りました! 

というわけで、POLGAMからのプチ紹介でした!
[PR]
by trans-islands | 2004-09-16 22:58


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web