Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
<   2004年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
 
【Myanmar】 「ミャンマーって素敵な国♪」と思った方へ
a0018745_21101591.jpg 今日はふとCarpentersの"I need to be in love"という名曲を思い出してしまいました。そんなわけで、初めての音楽ネタ(少し)&マジメな話をしてみます。

 というのはですね、私はバスの話僧院の話とミャンマーの記事を2回書きました。私がミャンマーを大好きなため、2回ともほとんど良い話ばかり書いてしまいました。特に僧院の回では、ミャンマーにはホームレスも泥棒もおらず、優しい人ばかりの天国のような国であるかのような書き方をしてしまいました。これらの話は旅の途中で私が知りえた情報で、2年ほど前ではありますが、まだそんなに変わっていないとは思います。でも、実際はそんなにいいことばかりじゃないので……。今回はミャンマーの”負”について少しお知らせしようと思います。

ミャンマーが抱えている問題-----それは「政治体制」です。
(詳しく話すと長くなってしまうので、ここでは大胆にかいつまんで書きます。
全体の話はBurma Infoビルマ問題入門「はじめての方々への解説」に素晴らしいまとめがありますのでご参照ください)

 そう、この国はいまだに「軍事政権」が仕切っているんですよ。「政府」と「軍」がイコールなわけです。で、過去、この軍が常識では考えられない数々の政策を打ち出し、めちゃくちゃやってきたんですね。

例1)【廃貨】 
 国民が財力を蓄えるのを阻止するために(軍事政権を覆す力をつけないように)、ある日突然、紙幣を無効にしました。いってみれば、日本政府が「今日から1万円札は使えません。両替? しませんよ。今持っている1万円札は今日から紙切れでーす。かわりに9000円札発行しまっす」という政策を実行するようなもんです。銀行が信用できないこの国で、タンス預金でコツコツ貯めたお金が…… 突然ゴミです。(10年以上前の話です)

例2)【大学閉鎖】
 1988年、ミャンマーで大規模な民主化運動が起こりました。中心になったのは、アウンサンスーチー女史率いるNLD(National League for Development)と、その趣旨に賛同する大学生たちです。大学で他国のことを勉強した人たちが民主化運動に参加するのは理解できるのですが…… 軍事政権は「大学があるから反政府運動が起こるんだ」と、大学をいきなり閉鎖してしまいました。確か大学構内も銃撃され、多数の死者がでたのだと思いますが…… その後何年も、大学は閉鎖されたままでした。(現在はもう再開されてます)

例3)【インターネット禁止】
 ミャンマーでは、2003年半ばまでインターネットできませんでした。メールを送るだけならパソコンを持っている人にお願いすれば何とかなったんですが(でも政府が売っていたメールアドレスがやたら高かったとか)、でもホームページを見ることは禁止。きっと軍事政権は、国民が直接他の国の情報に触れることがまた民主化運動のきっかけにならないか、と心配だったんだと思います。(2004年現在は、少しずつインターネットカフェが増えているようです)

 ここでは極端な例ばかり挙げてしまいましたが、こういう状況に不満を抱いて「反政府」「民主化」の声を出そうものなら…… 「即逮捕→形式的な裁判で即刑務所行き→何年も出られない」ということが実際に起こっています。「壁に耳あり、障子に目あり」もまた真実なので、ミャンマーを旅するときは政治の話厳禁(旅行者が興味本位で「ねぇねぇ、軍事政権ってどうよ??」なんて聞くと相手に迷惑をかけてしまいます)。人々の優しい笑顔の裏に、私たちからは想像もつかない恐怖が隠されているんです。

 繰り返しになりますが、先般の私の記事を見て「ミャンマーって素敵な国ね♪」と思った方、ぜひ一度Burma Infoの記事にも目を通してみてください。私はミャンマー難民の支援を求めているわけでも、活動してくれと言っているわけでもありません。ただ、私の大好きなミャンマーにはこんな一面もあるということを知っていてほしいと思ったわけです。

 でも、旅行者にはこういう負の一面はほとんど見えないし、ほとんど関係ありません。私が前回書いたように、ミャンマー人はきっとあたたかく、笑顔で旅行者を迎えてくれるはずです。行ってみたいと思った方、ぜひ機会があれば行ってみてください。必ず、素朴で素敵な風景と人々に出会えると思います。

 私は久しぶりに、物事には表と裏があるということと、それから「Perfect な場所っていうのはないんだなぁ」ということを思い出しました。ここでやっと音楽の話になりますが、そのときアタマに浮かんだ曲が "I need to be in love" です。最後の"I know I ask perfection of a quite imperfect world...."ってところがふと出てきました。恋愛の歌なのでちょっとニュアンスは違ってしまいますが、まぁ「パーフェクトでないこの世界で、パーフェクトを求め過ぎたのはわかってるんだ」くらいの意味だと思うのですが。

 そういえば、税金もなく、働かなくてもいい楽園の国(と思われた)ナウルも、ついに財政が破綻して終焉が近づいているようです。やっぱり苦もなく楽ばかりっていう場所ってのはないのかもしれません(あったら行きたい)。私はパーフェクトじゃなくてもいいから、苦と楽のバランスを上手にとりながら、日々の小さな幸せを求めて生きていこうかな……。

【写真:ミャンマーの小さな村で会った子供たち】
[PR]
by trans-islands | 2004-07-30 22:52 | Asia
 
【Cool Breeze vol. 6】 小笠原・ドブ磯より。
a0018745_20344492.jpg夏バテです。
カラダにチカラが入らない、食欲がない、なんとビールさえも飲みたくない……。この症状、完全に夏バテの症状ですよね。もしくはエアコン病。

 そういえば、暑くて耐えられない日にだけアップしてきた水中写真シリーズ【Cool Breeze】ですが、その中で必ず「エアコン万歳」「エアコン最高」などと、エアコン礼賛のコメントを残しているような気がします。私は夏場、エアコンなしでは生きていけないんですよ。家も事務所も風が通るような状態ではないので、エアコンつけないと室温はたぶん40度を超えます。だから暑い日には必然的に、朝はオンタイマー、夜はオフタイマーをフル活用して、エアコンの中で過ごしてしまうんですね。そのエアコン漬けの毎日の中で今日、久しぶりに外で作業をしたんですが……。今日の名古屋地方の最高気温は、36度。体温並みです。少し動くだけで、汗が滝のように流れてきます。さらに、何かがんばるとクラクラします。これはきっと、カラダの温度調節機能が狂っているのでは。。。 そう思い、エアコンの利用頻度を下げてみようと心に決めました。しばらくは大好きなエアコンさんと少し距離を置いて、なんとか普通の体調を取り戻したいと思います。

 さて、今日は夏バテを吹き飛ばしてくれそうな豪快な写真をアップします。これは小笠原の「ドブ磯」というダイビングポイントで撮った一枚。小笠原の数あるポイントの中でも大物遭遇率が高い場所として知られています。ビルのような2つの大きな岩に囲まれたチャネル(水路)を潜るんですが、この周辺にやたら大物がやってくるんです。ここでマンタにもウミガメにもイルカにも会えたし、ツムブリの群れやウメイロモドキの群れ、マグロの群れやコバンアジの群れなど、私の大好きな(おいしそうな)魚たちが群れてやってくる。目の前に魚群の壁ができることもあって、とにかくいい思いをさせてくれるポイントなんですね。そんな海の中を、悠々と泳ぐイソマグロの群れ -- プリッとした流線型のボディがかっこいい。超Cool!! マグロ好きの私にはたまらない写真ができあがりました。

 それにしても、マグロを見て「超かっこいい」と思える私っていったい……。自分のセンスに疑問を抱かずにはいられない今日この頃です。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-28 20:43 | Underwater
 
【Myanmar】 とても貧しくて、とても豊かな国。
a0018745_2046555.jpgthunderball-01さんのMyanmarへGo!!からTB

 ミャンマー。少し前まで「ビルマ」と呼ばれていたこの国は、日本で普通に暮らしている人にとっては「ビルマの竪琴」「アウンサンスーチー」くらいのイメージしかないかもしれませんね。少し前に書いた田舎を走るダブルデッカーの話の中でも触れていますが、私はこの国が大好きなんです。

 ミャンマーは敬虔な仏教徒の国で、人々は仏様やお坊さんをとても大切にします。「仏様を美しくして徳を積む」という考え方があるので、食うや食わずの貧しい人々も、金箔を買って仏像に貼り付けたりしています。だから国はとても貧しいのに、金ピカの仏像がやたら多くて驚きます。
 少しお金持ちの人だと、その「美しくする」の方向性が違ってさらに驚きます。私財を投じてお寺まで電気を引き(または発電機を買い)、仏像のまわりに電球を取り付けます。その電球って言うのが、赤や緑や黄色の…… 最近流行っているイルミネーションみたいなのではなく、一昔前のビアガーデンにあったようなイメージの、非常に安っぽい(失礼!)電球なんです。初めて行ったとき「どうしてこういう装飾をするの?」と聞いてみたら、「これで仏様の格が上がり、人々はよりありがたく思います」という答えが返ってきました。そうか、なるほど……。と感心しつつ、私たちの感覚を押し付けようとしてゴメンね! と申し訳ない気持ちになったものです。

 ミャンマーは経済的にはとっても貧しい国ですが、とっても豊かな一面も持っています。この国にはホームレスがいないし(ゼロではないかもしれないけど)、お金がなくても見捨てられてのたれ死ぬことはないんです。その理由が、写真のような僧院です。僧院の中には必ずいくつか「生活保護施設」の役割も担っているところがあり、住む所も食べるものもなくなったときに頼っていけるんですね。食べ物を与え、寝床を与えて、再び以前のように暮らせるようになる手助けをしてくれる施設。これが国の政策としてあるのではなく、時代の流れの中で自然に形成されてきた相互扶助の仕組みだというからスゴい。もちろん、この僧院の運営は、人々のお金での寄付と、托鉢のときに提供される食べ物でまかなわれています。自分もそんなに豊かではないのに、それでも寄付を欠かさないミャンマー人にはホント、頭が下がります。
 ちなみに、この豊かな国には、泥棒もほとんどいません。ヤンゴンあたりでは最近変わってきたとも聞きますが、それでもアジアの他の国のような緊張感を持たずに過ごすことができます。(ほとんど)いい人ばかりなんですよ! ……ちょっと長くなってしまいましたが、「そんなミャンマーがやっぱり大好き!」と言いたくていろいろ書いてしまいました。

 写真はそんなミャンマーのなかでも最大規模、最高位といわれる僧院での1枚です。ほかのミャンマーの写真はこちらで公開していますので、お時間のある方はどうぞ。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-24 21:00 | Asia
 
(背筋が)涼しくなる水中写真
 今日アップする写真は、私の失敗作です。って、最初に言っておきますんで、写真としての良し悪しで私を責めるのはナシということで……。なんか言い訳がましいですが、決してキレイな写真ではないです。なぜだか背筋がちょこっと涼しくなるような写真になってしまったので、それでも見てみたい方はどうぞ! 
(と、新しいMore機能というのを使ってみます。うまく行くかしら?)

More...
[PR]
by trans-islands | 2004-07-23 23:12 | Underwater
 
【Cool Breeze vol.5】 スケルトンボディのサカナ Part2
a0018745_15592730.jpg
 毎日毎日同じことばかり言ってると、語彙が少ないことを公表してるみたいで”なんかなー”とも思うんですが……。こんな状況じゃ仕方ないですよね。もうこれ以外の言葉は出ませんよね? 「あー、もう、暑いっ!」 

 これだけの暑さだと、室内でもエアコンの風を直接受けられりる位置に陣取らないと大変です。風の流れから少しでも外れると、体から汗が吹き出してきます。ホントは外での作業なんかもしなきゃいけないんですが、こんな日にはとても無理。夕方までペーパーワーク片付けながら待つことにします。

 さて、この暑さを気分的にやわらげてくれるような、そんな涼しそうな写真を探していたところ、「おっ」というのがありましたのでアップすることに。これは涼しげな水中写真シリーズ第3回「タイの海から」で紹介した「スカシテンジクダイ」の類似カットです。撮った時間も場所も同じなんですが、ちょっと設定を変えてやったらかなり雰囲気の違う写真になりました。スケルトンボディがさらに引き立つようで、個人的にはかなり好きです。あぁ、涼しげですねぇ……。
 皆さんはどちらがお好みですか?

【写真:タイ・シミラン諸島にて、スカシテンジクダイの群れ】
[PR]
by trans-islands | 2004-07-22 16:09 | Underwater
 
【Thailand】 海辺の木陰でボーっとしたい
a0018745_2250246.jpg 基本的に海や島が好きな私は、タイに入国すると必然的に南を目指してしまいます。ホントはものすごくマニアックな島を探しに行ったりしてみたいんですが、なかなか時間が取れなくて…… 結局はスタンダードなところに行ってしまう。例えばプーケットで静かなビーチを探してみるとか、クラビでレンタバイクをかっ飛ばしてビーチホッピングをしてみるとか、そんな楽しみ方をすることが多いです。

 そうやって見つけた好きなビーチのひとつが、サメット島にあります。サメット島はバンコクの東・ラヨーン県の南にある小さな島で、タイを旅するバックパッカーの間では良く知られた存在です。人気の島だけあって、船着場の近くや商店が並ぶビーチには旅人が結構たくさんいます。でも、この島は島内交通がとっても不便。トラックの荷台に乗り、ものすごいオフロードを飛ばされそうになりながら走らないといけないんですね。その料金がまた高い。だから便利な島の中心から離れて商店すらないビーチに来るのは「何もなくてもいいから、とにかく人のいないところへ行く!」という世捨て人(?)だけです。

 写真は島の南にあるAo Thianのビーチ。ここに木の上にお部屋がある"Tree House"があるというウワサを聞きつけ、「フローネみたい! ぜひ見てみたい!!」とトラックで飛ばされそうになりながら向かってみました。ビーチの入り口でトラックを降り、人に聞きながら20分ほど歩いてようやく見つけたTree Houseは…… 3畳一間の小屋って感じで、想像よりもかなりショボいものでした。でもさすがにビーチはキレイで、ホントに人がいません。しばらくビーチを独占して、最高の気分を味わうことができました。
 ツリーハウスに行く途中、木陰にさりげなく置いてあったイスを発見。なーんにも考えずにここで昼寝できたら、気持ちよかっただろうなぁ。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-21 23:33 | Asia
 
【Cool Breeze vol.4】水深3000mのBlue
a0018745_2220981.jpg猛暑が続いていますね。昨日も今日もホントに暑かった。というわけで、また水中写真をアップすることにします。……なーんて言いながら、今日は蒼一色の写真でゴメンなさい!

 小笠原諸島の父島南東沖。マッコウクジラが暮らすこの海域は水深が3000mほどあり、マッコウクジラのほかダイオウイカやカンテンダコなどの深海の生物も生息しているといわれています。そんな場所でドボーンと海に飛び込み、水中を向いてシャッターを押したのがこの写真。真上から差し込む太陽の光が深海まで届くようで、とってもキレイでした。
 それにしてもこのエリアは凄いです。私が行った数回で、ザトウクジラ、マッコウクジラのほかアカボウクジラや外洋性のハンドウイルカ、コビレゴンドウ、そのほか多くの正体不明(見分けられなかった)の海洋哺乳類に出会うことができました。また、マッコウクジラの食べかすと思われるカンテンダコのかけらを拾ったのもこのあたり。……まだまだ凄いヤツに会えそうです。小笠原のとてつもないポテンシャルを、こういうところでいつも感じています。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-21 22:36 | Underwater
 
Surf Trip to CHIBA !! ~帰り道編
Surf Trip to Chiba!! ~海編 からの続き】
 3連休の最終日、サーファーの皆さんに同行させていただいて千葉の九十九里浜に行ってきました。帰り道は、片貝にある食事処 黒潮で名物の「いわし弁当」を堪能したあと解散し、私たちはそれぞれ帰路につきました。……3連休の最終日だもん、当然ですよね、渋滞。高速に乗る前から、道路はずっと混んでいました。そんな中で私の目に飛び込んできたのは

「←木更津・東京湾アクアライン方面」

という案内板。おぉっ、それってあの、「海ほたる」のことではないですか!
 「海ほたる」といえば、大好きな小笠原に行く途中でおがさわら丸のデッキから何度も見かけて気になっていた存在です。この道をまっすぐ行けば東京まで渋滞、左に行けば「海ほたる」。私は友達にワガママを言って、そのままアクアライン方面へ向かいました。
a0018745_119167.jpg
 ちょうど夕暮れ時のタイミングだったので、木更津から海ほたるまでの橋はこの通りかなりいい感じ。もう渋滞疲れも早起きの眠気も吹っ飛び、かなりご機嫌で運転していました。海ほたるに到着して西側のデッキに出てみると、その先にはコメントのしようもないほど美しい夕焼けが広がっています。
a0018745_126933.jpg一瞬ごとに色を変える空と雲。西には輝くようなオレンジ色、東には紫がかったピンク、そして雲の色を映す海の色もコロコロと色を変えていました。そのシーンの中を、羽田空港を
飛び立った飛行機や海鳥が次々と行き交って……。もう最高です。日が沈んで月が出て、暗くなるまで女ふたりでずーっと眺めていました。

 この日唯一の後悔は、この美しい夕暮れの移り変わりのすべてを写真に残せなかったことです。フィルムを撮り切ったカメラと、電池のなくなった私の携帯。さらに友達のカメラも電池がなくなり、あの感動を前半しか残せなかった。無念。あぁ、一眼レフとフィルムと三脚と電池はいつも持ってなきゃだめだなぁ。と思いながら、瀕死の携帯で撮った最後の一枚がこの写真です。でもカメラの準備不足を差し引いても、「海ほたる」での時間は私にとって最高に幸せなひとときでした。幸せって案外、ちょっとしたところにあるのかもしれませんね。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-21 01:33 | Daily
 
Surf Trip to CHIBA !! ~海編
a0018745_0274061.jpg

 今回の3連休は愛するポロ号を友人に届けるため、東京に行っていました。そのまま友人宅にステイしながらのんびり過ごしていたところ、共通の知り合いから「海、行かない??」との連絡が。海、好きです。そりゃもう、行きますとも!
 OKしたあとで詳しく聞いてみると、行き先は千葉、目的はサーフィン&ボディボードとのこと。私は根っからのダイバーで、ボディボード経験はオーストラリアでの2回きりです。今回は水着も持っていないし、行ったところで波に乗る自信もありません。でも、東京を離れて地元に帰ってきた私には、(キムタクも行くという)千葉の海に波乗りに行くなんて経験はこの先二度とないかもしれない。そう考えて、「陸でビールでも飲んでればいっか」と気軽な気持ちで参加してみました。

 当日は朝5時に起き、ポロ号に乗って首都高湾岸線をひた走り、京葉道路(のあたり)のサービスエリアで合流。ほどなくして九十九里浜に到着しました。サーフィンのことはさっぱりわからない私がまずびっくりしたのは、彼らのポイント選びへのこだわりです。堤防に一列に並んで海を眺め、人が多かったり波が小さかったりすると「移動!」とつぶやいてどんどんポイントを変えていきます。結局、九十九里浜の最北端と思しき飯岡というところに落ち着きました。
 サーファー&ボディーボーダーのみんなは、まったくやる気のない私を陸に残してどんどん海に入っていきます。ホントは友達がかっこよく波に乗るところを見たかったんだけど、メガネを持っていかなかった私には、海の中にいるサーファーの中から友達を見分けることができず……。「あ、あれがそうかなー。きっとそうだよなー」なんて想像しながら、ボーっと眺めていました。で、私はといえばカメラを片手にビーチをふらふら。歩いてくるサーファーを見かけてはシャッターを押してみたり、サーフボードを撮らせてもらったり。もちろん、友達のボディボードを借りて海にも入りましたよ(一回だけですが……)。疲れたら波の音を聞きながらお昼寝などもしてみたりして、1日楽しく過ごさせていただきました。やっぱり海っていいですね!

 海からの帰り道、その日2つめの大きな楽しみを味わうことができました。長くなりそうなので……。帰り道編に続きます。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-21 01:09 | Daily
 
みなさん、ありがとう!
 今日、自分のブログを開いたら、大変なことになっていました。いろんな方からコメントをいただいて、しかも以前からお付き合いのある方々からは「おめでとう!」のコメントが。「???」と思ってよーく見てみると……。どうやら、エキサイトブログの「おすすめブログ」に認定していただけたようです。ありがとうございますっ!
 
 実は私は以前、旅系フリーライターという仕事をしておりまして、結構いろいろな国に飛ばしていただいていました。しかしながらその記録を自分ではまったく残しておらず、せっかくなので「いつかどこかにまとめたい」とずっと思っていたんです。今年4月を過ぎて少し自分に余裕ができ、「まぁブログというものでも始めてみようか」と始めたのがこのブログです。それから、偶然旧友に会えたり、ブログ友達(?)の皆さんとの交流をしながら、ブログの楽しみを味わっていたわけですが……。このたび「おすすめブログ」に載せていただいて、もっとたくさんの方に見ていただくことができて、本当にうれしい限りです。これまで遊びに来てくれた皆さんとエキサイトのスタッフの方、そして今日初めて来ていただいた方にも感謝! ありがとうございます。

 せっかくたくさんの方に見ていただける機会なので、夏っぽい、海っぽい写真をどんどんアップしたいのですが、今私は東京の友人宅に遊びに来ているため残念ながら数日間は写真のアップができません。事務所に帰るまでの間、今までの写真のなかから適当にお楽しみくださいね。 コメントや質問など、できる限りお答えしますのでどんどん残してください。それではまた!
[PR]
by trans-islands | 2004-07-19 01:45 | Daily


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web