Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
<   2004年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
 
タイの泥かけ祭り、ソンクラーン
a0018745_223136.jpg 毎年4月のはじめ頃、タイでは国を挙げた盛大なお祭りが開催される。ソンクラーンというお祭りで、日本語では通称「水かけ祭り」と呼ばれているものだ。お祭りの間の数日間は、みんなバケツやボウル、水鉄砲など、さまざまなアイテムを駆使して、お互いに水をかけまくる。水をかけられるとおめでたい、という意味なのだそうだ。
 2003年の4月のはじめ頃、私はそれと知らずにタイに遊びに行った。目的はダイビング。入国して定宿にチェックインし、まずは島までの安いチケットを買いにカオサンに向かった。ここで、「帰りのバスも予約しておいたほうがいいですよ。ソンクラーンですから」などと言われて、日程がかぶっていることを知った。
 聞くとやっぱり田舎よりもバンコクのほうが盛り上がるとのこと。お祭り好きの私は、「それならばバンコクに早目に戻ってこよう」と島での日程を切り上げ、帰国前の1日でソンクラーン見物をすることに決めた。途中の情報収集の結果、自分も「水をかけられる立場のほうが楽しいだろう」というわけで、島でイルカの形をした水鉄砲を購入。大切にそれを抱えてバンコクに戻り、水着+海用の短パンの上にTシャツを着て、装備万全で出発!!
 意気揚々とカオサンに向かった私たちを待っていたのは、想像を絶する光景だった。そのときはゴージャスにタクシーを使ったのだが、まずは信号待ちで停まったとたんに車に水をかけられた。驚きながら周りを見渡すと、人々が満面の笑みでバケツを持って立っている。それまで見かけたことのない大きなバケツ(直径・高さ各1m)から水を汲んで、とにかくみんなにかけまくる……。カオサンに到着する頃には、タクシーは真っ白になっていた。
 それにめげずに気合を入れて、カオサン通りへ。ものすごい人ごみをかき分けながらあるいていくと、晴れているはずの空から激しい雨が降ってくる。「?」と上を見上げると、ビルの一室からバケツを持って満面の笑みのタイ人が。。。 でも、かけられるのが水ならまだいい。すれ違う人々は、顔や手、服などになにか白いものをベターッとつけあっている。よく見ると粘土を水で薄めたような物質--簡単に言うと泥だ。
 結局、そんなに長くないカオサン通りを端から端まで歩いただけで、私の顔と髪とTシャツと短パンは泥だらけになった。気合を入れて買ってきたイルカの水鉄砲だったが、タイ人相手には何の役にも立たず、ほとんど抱えているだけで終わってしまった。いや、イギリス人のおっちゃんと少しだけ水の掛け合いをしたか……。最後は人の多さとビア・シンの飲み過ぎで疲れ果てて、まだ明るいうちに撤収。でもソンクラーンの雰囲気をたっぷり感じることができ、かなり満足しちゃった。
 ところで、カオサンといえばバックパッカーの聖地とも言われる安宿街。当然ここには、外国人のバックパッカーたちが泊まっている。帰り道、運悪く帰国がこの日だったと思われるヨーロピアンカップルを目撃した。。可哀相に、いくら大きな荷物を持っている外国人でも、タイ人はおかまいなしで水をかける。彼らは体に水をかけられるだけでなく、荷物の上でも思いっきりバケツを空けられていた。あぁ可哀相に。
 皆さんもソンクラーンの時期にタイに旅行するときは気をつけてくださいね。
【写真:カオサン近くにて、ソンクラーンの様子。この日初めてニコノスVで陸撮してみた】
[PR]
by trans-islands | 2004-05-29 22:32 | Asia
 
ウメイロモドキのいる風景
a0018745_21842.jpg 私がダイビングを始めたきっかけは、高砂淳二氏の写真を見たこと。ものすごくキレイでクリアなブルーの中に、パステルイエローの背中をした魚がいっぱい泳いでいて……。その美しかったこと! それで私は水中の世界に一気に引き込まれちゃった。
 後になってその魚は「ウメイロモドキ」という名であることが判明。「ウメイロモドキに囲まれたい」というのが、私の次の目標になった。でも、少数のウメイロモドキを見ることはあっても、なかなか群れに囲まれるということはなく……。
 で、ダイビングに慣れてきた私は、次は水中写真を始めることにした。「あんな写真が撮れたらいいなー」という軽い気持ちで。でもそんな簡単に高砂氏のような写真が撮れるはずもなく、捨てた失敗ポジは数知れず。そんな私の努力を神様が見ていてくれたのかな。2004年になってついにその機会がやってきた!
 場所は、タイ・シミラン諸島のBreakfast Bend というダイブサイト。のんびり潜っていろいろな写真を撮り、フィルムも残り数カットというところで、ウメイロモドキが群れでやってきてくれた。このとき、高砂氏の写真には遠く及ばないけれど、自分で見て「気持ちいいな」と感じることができる写真がやっと撮れた! それが結構うれしくて、このブログのトップの写真にしてみました。
 でも、一つだけ残る疑問は……。写真を撮ったのはインド洋だから、これはウメイロモドキじゃないかもしれない。インド洋固有種の、いとこみたいな魚かもしれない……。誰か、知ってたら教えてください。
[PR]
by trans-islands | 2004-05-28 02:19 | Underwater
 
牢屋に入ってみた日。
a0018745_223730.jpg この日、秋のフィンランドらしくうす曇のさえない空模様。フィンランドの首都・ヘルシンキから鉄道で1時間ほどのところにある小さな街・ハメーンリンナというところに行った。
 この街は音楽家のシベリウスという人が生まれたことを誇りにしていて、生家が小さな博物館として公開されていた。シベリウスって小学校か中学校の音楽の授業で習った記憶はあるけど、どんな曲だったかな…… と考えながら街を散策。マーケットで売っていたサーモンのグリルを堪能した後、観光客向けのアトラクションのあるハミ城近くに向かった(ちなみにシベリウスの曲は思い出せなかった)。
 メインの見どころであるハミ城にはタイミングが悪くて入ることができなかったので、仕方なく近くの博物館へ行くことに。郵便、歴史、戦争など数ある博物館の中から、私の興味を引いたのは「監獄博物館」だった。ここは1995年(たぶん)まで実際に刑務所として使われていた建物を博物館にしたもので、ここを見ればフィンランドの犯罪についてわかる! という内容。拘束具が展示されている部屋やフィンランドの刑法犯罪の傾向についてまとめられた部屋、囚人のためのシャワールームやサウナ(さすがサウナ発祥の国だ)などの薄暗い展示室を越えると、自然光がやさしく降り注ぐ吹き抜けのホールへ。ホールの両側には4階にわたって牢屋がびっしりと並んでいた。
 その中に、出入りできる部屋を発見。牢屋に入るなんてたぶん一生、よほどのことがない限り経験できないと思い、ちょっと入ってみることにした。その中で3分くらいかな。堅い椅子に座って、牢屋に入らなきゃならないようなことをした人の気持ち、牢屋に入って外に出られず過ごさなきゃいけない人の気持ちを想像してみた。うーん、事情はそれぞれかもしれないけど、ここからずっと出られないのは嫌だな。というわけで、独房の中で「捕まるようなことは一生しません」と自分に誓った私でした。
 【写真:監獄博物館の内部。両側にある小部屋がすべて牢屋。】
[PR]
by trans-islands | 2004-05-28 01:50 | Europe
 
やっぱりビーチが好き
a0018745_23281085.jpgお気に入りの風景は?

やっぱりビーチ!! 
白い砂浜+ヤシの木+青い空+青い海……これだけ揃っていると、ビールが何倍も美味しく感じられる。

そんなわけで、これまで旅したいろんな国のいろんなビーチで、いろんなビールを飲んできた。沖縄のビーチではオリオンビール、タヒチのビーチではヒナノビール、タイのビーチではビア・シン、トリニダードのビーチではカリブ……。変わった地ビールまでいろいろ試してみた。で、自分の中で出た結論は、「その土地のビールがいちばん美味い!」

でも、美味しかったビールを日本で飲むと、全然美味しくないんだよね……。現地で買って大切に運んできたお土産を家で飲んで、「うっ」って顔をゆがめるのもまた一興。

……結局ビールの話になっちゃった。
写真は、美味しいビア・シン(シンハビール)をいただいたタイ・サメット島のビーチ。こんなロケーションでビール飲めたら最高だね!
[PR]
by trans-islands | 2004-05-28 00:52 | Daily
 
一方通行地獄の島 キュラソー Curacao
a0018745_85524.gif キュラソーはカリブ海の南部、南米大陸のすぐ北に浮かぶオランダ領の小さな島。日本人があえて行くような場所でもないから、知らない人がほとんどだろうなぁ。
 カクテルとかリキュール好きの人なら、名前に聞き覚えがあるかもしれない。「ブルーキュラソー」とか、あの類のリキュール。どうやらあのお酒(オレンジから作ってるらしい)はキュラソー発祥のようで、青いものがブルーキュラソー、白ければホワイトキュラソー……というように数種類あるそう。確かに島のオリジナルっぽいおみやげはキュラソーだけだった。。。いや、酒の話は置いといて、そんなキュラソーに行ったときのこと。
 公共交通機関が整備されていないこの島では、レンタカーを借りて動き回るように指示を受けていた。予定通り空港で車を借りて、地図を見ながら予約しておいたホテルへ…… 向かったのだが、なんと迷ってしまった。めったに道に迷うことのない私が、まさかこんなところで迷うなんて……。しかも、そこに見えているホテルにたどり着けないなんて……。
 迷ってしまった原因は、市街地の極端な一方通行。市街中心部の道の半分以上が一方通行で、ほとんど迷路状態。ホテルは市街地のある半島の一番先の海沿いの場所にあったのだけど、視界には入っているホテルの入り口が、どんなに回っても見つからない。街を歩いてる人に聞いても「さぁ……」という感じでさっぱり要領を得ず、苦節30分、結局路上駐車してホテルまで歩いて聞きに行った。「入り口どこですか?」って。
 「あぁー、わかりにくいからねー」って感じでポーターがついてきてくれたので、結局彼を隣に乗せてホテルに向かうことに。看板も何もない細い路地を抜けていったん海沿いの道に出て、ぐるっと堤防沿いに大回りして、やっとの思いでホテルに到着。他の人はどうやってここに来るんだろう?と、激しい疑問と疲労感を感じながら、その日は早々に休ませてもらった。
 翌日からあちこち動き回ったけど、この島の印象といえば、この一方通行事件くらい。ビーチもパッとしないし、ホテルもたいしたことないし、食事も特に……。街の様子も「オランダっぽい」「カラフルでかわいい」といわれればそんな気がするけど、私にはそんなに魅力的ではなかったな。
 ただ、私の大好きなオランダビールGrolschが安かったので、値段を気にせずいっぱい飲めたこと。ホテルの衛星チャンネルで日本映画の Shall we dance? が上映されてて、3週間くらい日本語をまったく話してなかった私にはうれしかった。それくらいかな。
 【写真:代表的なキュラソー(お酒のほう)、コアントロー。キュラソー産かどうかは不明】
[PR]
by trans-islands | 2004-05-10 08:56 | Caribbean
 
ダッシュで巡るエストニア
a0018745_1124.jpg あるとき、仕事でフィンランドの首都・ヘルシンキに1週間ほど滞在することに。市街を中心に仕事をこなしていく中で耳に入ったのが「エストニア」という国の名前だった。エストニアの首都・タリンは、バルト海を挟んでヘルシンキの対岸にあって、しかも高速船で1時間半でアクセスできてしまう。さらにタリンの旧市街は世界遺産に指定されていて、そしてなんと日帰りも可能!! こうなったら、行くしかないでしょ。
 エストニア…… 聞いたことはある程度。確か5年くらい前にロシアから独立したバルト三国というやつに、エストニアも入っていたような気がする……。それくらいの知識しかない状態で出発。当然のことだけど、ヘルシンキでは出国手続き、タリンでは入国手続きが必要。「こんなに近くても外国なのねぇ」と実感しながらタリンの港に到着。
 この日、私に許されたタリンの滞在時間はたったの5時間。ヘルシンキ行きの最終の高速船の時間までたっぷり見物するべく、まずは街のありそうな方向に向かって歩いてみた。すると幸い勘は当たり、15分ほどでお目当ての旧市街入り口に到着。
 ここは世界遺産に指定されているだけあって、古くからの町並みが美しく残されていました。石造りの壁、石畳の路地、そして石畳の広場……。ヨーロッパビギナーである私はその雰囲気に感動!
 お昼頃には路地裏を歩き回り、美味しそうな雰囲気のレストランに入って優雅にランチを楽しみました。久しぶりにお肉を食べることができ(フィンランドは物価がやたら高く、肉など食べられなかったので……)、しかも値段はフィンランドのマクドナルド並み! 「いいわぁ~」とか言いながら、ランチを満喫。
 その後はロシア正教会や今は国会議事堂として使われているお城などを観光し、郵便局ではめったに出さない絵葉書を自分宛に出し(記念にね)、かわいい雑貨屋などを存分に回っていたら…… 時間をすっかり忘れてた。帰りはボートの時間がギリギリになり、タクシーで港にダッシュ。最終便になんとか滑り込んで無事ヘルシンキに戻ることができ、駆け足のエストニア旅行はあっという間に終了……。
 私にタリン行きをすすめてくれたフィンランド人によると、エストニアのいいところはタリン以外にもいっぱいあるとのこと。1度目はタリン、2度目はビーチに遊びに行くのが正解なのだとか。もし次回行くことがあったら、ぜひ郊外にも足を伸ばしてみたいなぁ、と思った国でした。
 【写真:広場からトーンベア城に向かう途中の路地で、ギターを弾くおじさん】
[PR]
by trans-islands | 2004-05-10 01:13 | Europe
 
ヨーロッパ!
a0018745_23414.jpg これまで南の島を中心に旅してきたせいで、まったく縁のなかったヨーロッパ。去年ついに縁に恵まれて、フィンランドとノルウェー、エストニアに行ってきました。
 予想通りというか、古くからの町並みや石畳の裏通りなんかがきれいで、シャッター押しまくっちゃって……。帰ってからの現像代が大変なことに。でもいい感じの写真が残りました。これも少しずつアップします。
 写真はヘルシンキの街角にて。
[PR]
by trans-islands | 2004-05-09 23:42 | Europe
 
カリブかぁ。。。
 これまでカリブ海には3回行ってきました。リゾートっぽいイメージとは裏腹なところもあったりして、学ぶことも多かった国々。もう自腹では行かないだろうなぁ。
 
【行った国メモ】
グランドケイマン、セントルシア、マルチニーク、トリニダード・トバゴ、セントビンセント&グレナディーン、アンティグア&バブーダ、アルバ、キュラソー、(南米だけどついでに)ベネズエラ
[PR]
by trans-islands | 2004-05-09 23:36 | Caribbean
 
海の中って……
a0018745_232352.jpg ダイビング始めてもう12年。何度潜っても、やっぱり海の中ってイイ!
 今まで、旅の途中で可能な限り潜ろうとがんばってきました。なんで、今まで潜ったおもしろい海、ポイントを順番に思い出していこうと。ログブック(ダイビングの記録)はつけてなくても、ここにはログをつけていこうと……。そう決意しました。
 まずは過去のおもしろかったダイビングから、あせらずゆっくりアップしていきます。
 写真は2000年頃、小笠原にて撮影。
[PR]
by trans-islands | 2004-05-09 23:24 | Underwater
 
太平洋の島々。
 海と島とダイビングが大好きな私にとって、太平洋の島々はとっても魅力的な場所。そんなわけで、書き出してみるとやっぱりいろいろ行ったんだなぁ。。。と感慨深くなってしまう。日本も太平洋の島国のひとつだし、「島」というキーワードでどこかつながっている気分になったりもしつつ……。

【行った島(国)メモ】
パプアニューギニア、ソロモン、フィジー、トンガ、サモア、タヒチ、ニューカレドニア、ポナペ、(大陸だけど)オーストラリア。

詳細な旅行記は後日ということで……。
[PR]
by trans-islands | 2004-05-09 23:15 | Pacific


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web