Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
カテゴリ:Daily( 48 )
 
新・愛車 【フィガ郎】です!
 先月、わけあって今までずっと愛情を注いできたポロを友人に譲りました。田舎では車がないと生活できないため、当然別の車を手に入れました。結構かわいいヤツなので、いい写真が撮れるまでは紹介しなかったんですが、やっと撮れました。遅くなりましたが、ここで皆さんに自己紹介させようと思います。

a0018745_15102197.jpgこんにちは! 
フィガ郎です。


[名前]   フィガ郎
[年齢]   13歳
(1991年/平成3年生まれ)
[生みの親]  日産自動車

 日産のフィガロです。古いクルマなんです。もう13歳。このレトロなデザインが今になって注目を集めているようで、プレミアがついているんですよ。中古車相場がうなぎのぼりに上がっているんです。で、安い車体が出たときに、買ってしまいました(半分くらい転売目的でね)。

 でも、乗り始めたらコレがかわいいじゃないですか! 1000ccなのにターボでちゃんと走るし、オープントップで屋根が開くんです。海沿いに住んでいる私にはぴったりじゃなくて?? 内装の白い皮シートというのも、皮好きの私にはグッと来るポイントです。パネル類のデザインとかも手を抜かず、ちゃんとレトロな雰囲気をキープしていてかわいい。……これはヤバイです。実は難点もいくつかあるんですが、

①荷物が載らない  → 荷物を運びたいときは親か弟のクルマを借りればいいじゃん。
②小回りがきかない → 細い道を走るのはやめよう。Uターンもやめよう。
③出足が遅い     → のんびり走ればいいじゃん。
④リアシートが狭い  → 後ろに乗るのは私じゃないし。

という感じで、すべて受け入れつつあります。こうなってきたら、もう転売なんかできません。乗ります! 私、ずっと乗ります~!! という気分になってきました。

というわけで、このたびフィガロオーナーズクラブの仲間にも入れていただくことになりました。10月には早速車検を迎えます。最終判断はそのときに持ち越すつもりですが、事故ったりエンジンが壊れたりしない限りはこのまま乗ることになりそうです。というわけで、知多半島でフィガ郎を見かけたら、ぜひ手を振ってくださいね!
[PR]
by trans-islands | 2004-08-10 15:15 | Daily
 
困っているのは私だけ? 誰か助けて!
a0018745_234028100.jpg 突然ですが、先輩ブロガーの皆さんにご相談です。ここ1週間ほどなんですけど…… 急に非公開の書き込みが増えました。

Great site and great information.
What a great website I have ever seen. Thanks for all the hard work


という感じで、私のブログのことをひたすら褒めます。左の画像のように、ほとんどが「Online Casino」さんからの書き込みで、あとはBusiness Oppotunity とかの宣伝です……。読んでもないのに褒められるのは気分悪いし、消しても消してもどんどん増えます。数回だったら「仕方ないか」とも思えるのですが、1日に20回も書かれては迷惑です。普通のブロガーの方からのコメントをどこにいただけたのか、わかんなくなっちゃうじゃないですか!

 こんなことされてるの、私だけでしょうか? 誰か、対処法知りませんか? ご存知の方、教えてくださーい!!!

<8月8日追記>
 皆さんの所にも書き込みされているようですね。ちなみに私のところには、一晩でさらに12回の書き込みをいただきました。すべて地道に消しましたが…… 面倒ですよね。
 今のところ、私のブログからのリンクがご迷惑をおかけしているのか、ランダムに攻撃されているのか判断しかねます。OCNのブログには特定の単語が入った書き込みを拒否できる機能があるようなんですが、どうやらエキサイトにはないみたい。エキサイトの人だけ許可するか、全員拒否するかのチョイスしかないようです。
 というわけで、しばらく様子を見てみることにします。引き続き、何か情報があったら教えていただけると助かります。ヨロシクお願いします!

<8月9日追記>
 たくさんのコメント&TBありがとうございます。今朝のスパムコメントは、なんと私の年齢を軽~く超えて32件でした。数える私もなんか暗いかな、とも思うのですが、わざわざ数えることがアンチ・スパムへのモチベーションを高めているような気もするのでこれからも数え続けます。多すぎです~。ウザイです~。
 というわけで、バイオテックレイヤードさんが始められたアンチスパム署名運動に参加してみました。
 パソコンもブログもど素人であるtrans-islandsの考えですが、対処の方法は2つかな、と思います。バイオティックレイヤードさんがおっしゃっている「コメント一括削除機能」か、kenjipm1122さんがおっしゃっている「特定ワードが入っているコメントを自動的に削除するスパムフィルタ機能」か。でもOCNユーザのk☆gmcさんによると、特定ワードを登録した後にもどんどんスパムコメントは書き込まれているようです。
 なんで、バイオティックレイヤードさんに賛成! 「コメント一括削除機能」を熱望します。エキサイトチームの皆さま、ぜひご検討よろしくお願いいたします。

<8月9日夜追記>
 kenjipm1122さんのコメントによると、どうやらプログラムによる自動投稿の可能性があるようです。どこから次の標的を拾うかわかりませんので、念のためしばらく「エキサイトブログ」のリンクを外させていただきます。リンクさせていただいてた皆さんの記事は、RSSからひとり楽しむことにします。

<8月10日追記>
 早速、エキサイトさんのほうで対応していただけたようです(新たに記事たてました)。というわけで、エキサイトブログのリンクを元に戻しました。今回コメント&TBいただけた皆さま、どうもありがとうございました。
[PR]
by trans-islands | 2004-08-07 23:52 | Daily
 
中部新国際空港 建設現場レポート②
空港見学レポート①からの続き】
さて、前置きが長くなりましたが、ここからは実際の空港見学のレポートです。
a0018745_19165668.jpg
まず、空港見学のベースとなる「セントレア館」に集合です。ここで受付を済ませると、中には空港の解説や工事の進捗情報がわかる展示スペースがあります。ここで、担当の人から20分ほど、説明を受けます。

a0018745_19171155.jpg部屋の中央にドーンと置かれている空港の模型を使い、新空港がいかに使いやすい空港であるかという説明を聞きます。どうやらどんな人にも使いやすい「ユニバーサルデザイン」になっているとのこと。電車を降りた瞬間からカートが利用でき、そのまま階段や段差ナシで搭乗口まで移動できるそうです。到着時も同様に段差ナシで動けるとのこと。便利ですね~。

a0018745_19172286.jpgさて、20分ほどの解説が終わると、みんなでバスに移動です。中古のバスを塗り替えたと思しきこんなバスに乗って、いざ出発! バスの中でも空港の説明はどんどん続きます。まもなく完成する高速道路や、名古屋駅から約30分でアクセスできる電車(現在試運転中)、空港島の建物(メインビルディング、管制塔、検疫や警察、消防などのほか、民間のホテル)の話など、空港マニアの私たちにはたまらないネタばかり。

a0018745_1917328.jpgしばらくして空港の南端に近い場所にある展望塔に到着です。地上15メートルの高さから、空港島全体を一望できます。親切なことに、望遠鏡(無料)も設置されています。空も晴れてるし、かなり気持ちいい! 高所恐怖症の友人は少しビビっていたようですが、私は平気です。ここに10分ほど滞在して全景を満喫してから、再びバスに戻ります。

a0018745_19174610.jpg帰り道はバスで滑走路を爆走です。バスの窓からターミナルを見て、「大きいなー、使いやすそうだなー」と眺めました。ターミナルの4階には展望風呂もできるそうです。これは出国ゲート外にあるので、飛行機に乗らなくても利用できます。飛行機見ながらお風呂なんてかなり気持ち良さそう!

 というわけで、あっという間の1時間が過ぎました。私は実は4回目の参加だったのですが、1回ごとにどんどん建物が完成していってうれしい限りです。1回目の時はただの島でしたから……。それにしても、友達に「すごいねー」と空港を褒められるたび、なんだか自分を褒められているような気分になって困りました。もちろん自分のものではないんですけど、「私のためにありがとう!」という気持ちはどうしても捨て切れません。かなり自己中な私です。まぁとにかく、新空港の完成がより待ち遠しくなり、開港後はもっと海外に出かけてしまいそうなtrans-islandsなのでした。

空港見学に興味のある方はこちらを参照してください。ただ、無料なだけに予約がタイトで非常に取りづらいようですが……。でも飛行機や空港が好きな方なら楽しめること間違いナシ! ぜひ行ってみてくださいね。

<8月17日追記>
ここからTBしていただいたBird's Eyeさんの記事内に「空港内にもう一箇所展望塔が!」という記述があり、「はっ」と気付きました。勘違いさせやすい書き方だったかも。私が上った展望塔は、建設現場見学専用の仮設のものです。空港が完成した暁には、めでたく取り壊されるそうです。オープン後はメインターミナルの4階の先端部分から外に出られるようです。この場所は滑走路にかなり近そう。楽しみですね。
[PR]
by trans-islands | 2004-08-07 19:28 | Daily
 
中部新国際空港 建設現場レポート①
a0018745_1526297.jpg 2005年2月17日、愛知県常滑(とこなめ)市沖に「中部新国際空港」が開港します。愛称は「セントレア」といい、英語名は"Chubu Centrair International Airport"となるそうです。でも……。私の中では密かに別の呼び名があるんです。

その名はズバリ
「常滑空港」!

 今までずっと「愛知の海沿いの田舎町」と表現してきましたが、今日はもうバラします。私は愛知県常滑市という田舎町で生まれ育ちました。しばらく東京に住んでいた時期もありますが、やっぱり田舎のほうが暮らしやすくて帰ってきてしまいました。
 そんな私ですが、今まで仕事とプライベートと合わせると数十回の海外旅行に行ってきました。普段愛用しているのは名古屋空港ですが、航空運賃がどうしても成田発や関空発より高くなります。特に仕事だと選択の余地がないため必然的に成田/関空発になることが多く、泣く泣く重い荷物を担いで新幹線と電車を乗り継いでいました。運良く名古屋空港から出発できたとしても、不便はいろいろあります。

1.名古屋空港へは電車が乗り入れていない。荷物を持ってバスに乗るのは結構大変!
2.路線数が少ない。ヨーロッパへはルフトハンザ、アメリカへはNWのデトロイト線のみ。使いにくい!
3.名古屋-成田の便もあるけど極端に少なく、めったに席が取れない。いつも結局新幹線での移動になる。

 さらに名古屋-関空は飛んでいないので、関空発のフライトの場合は名古屋発は不可能。免税店とかには興味がないのでどうでもいいんですが、空港としてアクセスやトランジットの不便さは致命的です。「なんとかならないの~?」とずっと思っていたわけですね。

 そんな私に、何年も前ですが願ってもない朗報がやってきました。「常滑沖に中部新国際空港の建設計画がある」とのこと。「えっ、ウチの沖に空港ですか! そりゃもう、大歓迎ですよ。今すぐ作ってくださいよ!!」という気持ちになるのは当然です。建設が決定する前、地元では反対運動をしていた人たちもいたので、田舎の土地柄「大賛成!」と声に出しては言えません。私は静かにワクワクしながら、その時が来るのを首を長~くして待っていました。
 もう、建設が始まったときにはどんなにうれしかったことか。まだ島もできてない海を眺めて、よくひとりでニヤニヤしていました。そしてついに、「常滑空港」の開港が来年2月に迫りました! 空港万歳! 空港の建設地を常滑に決めてくれた人たちに、心からお礼を言いたいです。ありがとうございます!

 さて、空港建設・運営にあたっている中部国際空港㈱は、空港島へ行く橋ができあがった直後から「空港見学」というのを開催しています。これは新空港により親しんでもらおうということで、バスで建設現場を見せてくれるのです。参加費はなんと無料。常滑側の事務所を出発して約1時間島内を巡り、途中見学用の展望塔から全体を見渡すこともできます。

 先日東京から遊びに来てくれた友達は、実は私以上に空港好きとのこと。私がこの話をしたところ目を輝かせていたので、偶然母が取っていた席をもらってふたりで行きました!

長くなってきたので、空港見学レポート②に続きます。
[PR]
by trans-islands | 2004-08-07 18:52 | Daily
 
月って明るいですね
 ここ数日、わが田舎に遊びに来てくれた友達とすっかり遊んでしまい、ブログの更新もサボってしまいました。さきほど無事お見送りをしたので、ここ数日間に撮った写真を少しずつアップしていくことにします。

 まずは初日のお話から。地元の友達をもう1人呼んで、女3人で夜の浜で小さなウェルカムパーティを開催しました。私が準備したのは、①敷物用ブルーシート ②タイから気合で持ち帰った三角枕 ③小さなバーベキューセット ④食材 ⑤ビアサーバー(無料レンタル) ⑥キリンラガー(7リットル樽) ⑦ランタン
 家と近所で適当にかき集めたものばかりでしたが、これだけのモノとロケーションが揃っていたらものすごく幸せな気分になれるはず!! そう信じていざ出発です。

 うちの近くにはいくつか浜があるんですが、この日私が選んだのは地元の人しか知らないようなちょっとマニアックな場所。夕方まで降っていた雨も晴れ女の友達の到着とともに上がってしまい、雨上がりの夜風が心地よく吹く中、ビーチと夜景独占でパーティを始めました。
 まずはバーベキューコンロに火を起こしながら生ビールで乾杯。スモークチーズ、ハム、オリーブなど、私の好みだけで選んだオードブルを消費しながら炭の点火を待ち、満を持してメイン食材に突入です。ちなみに、今回のメインは養豚場の直営店でゲットしてきた豚肉とソーセージ。豚肉のほうは新鮮なだけあって分厚いのにやわらかく、塩コショウONLYの味付けが最高でした。ソーセージもさすが手造り、プリッとした皮と中から出てくる肉汁の旨味がたまらない! これなら牛肉のないBBQもありだなー、と、自己満足に浸ってしまいました。
 そして、波の音と対岸に見える夜景とビールの相乗効果で気持ちよくなってきた頃…… 空が急に明るくなりました。見上げてみると、満月に近い月が雲の間から登場。

a0018745_20184787.jpg
 
 月ってこんなに明るいんですねー。海も浜も堤防も雲も、一気に明るくなったような感じです。感動しつつデジカメでシャッターを押してみたら、なんだか幻想的な写真ができあがりました。それにしても、波の音を聞きながらこんなに素敵な風景にも出会えてしまう私の地元。もともと好きだったんですが、もっと好きになってしまいました。仕事で疲れた日なんかにこの景色を見たら、たまった疲れも吹っ飛びそう。これからは仕事帰りにふらっと寄る日が増えてしまいそうな予感がします。
[PR]
by trans-islands | 2004-08-04 21:47 | Daily
 
Surf Trip to CHIBA !! ~帰り道編
Surf Trip to Chiba!! ~海編 からの続き】
 3連休の最終日、サーファーの皆さんに同行させていただいて千葉の九十九里浜に行ってきました。帰り道は、片貝にある食事処 黒潮で名物の「いわし弁当」を堪能したあと解散し、私たちはそれぞれ帰路につきました。……3連休の最終日だもん、当然ですよね、渋滞。高速に乗る前から、道路はずっと混んでいました。そんな中で私の目に飛び込んできたのは

「←木更津・東京湾アクアライン方面」

という案内板。おぉっ、それってあの、「海ほたる」のことではないですか!
 「海ほたる」といえば、大好きな小笠原に行く途中でおがさわら丸のデッキから何度も見かけて気になっていた存在です。この道をまっすぐ行けば東京まで渋滞、左に行けば「海ほたる」。私は友達にワガママを言って、そのままアクアライン方面へ向かいました。
a0018745_119167.jpg
 ちょうど夕暮れ時のタイミングだったので、木更津から海ほたるまでの橋はこの通りかなりいい感じ。もう渋滞疲れも早起きの眠気も吹っ飛び、かなりご機嫌で運転していました。海ほたるに到着して西側のデッキに出てみると、その先にはコメントのしようもないほど美しい夕焼けが広がっています。
a0018745_126933.jpg一瞬ごとに色を変える空と雲。西には輝くようなオレンジ色、東には紫がかったピンク、そして雲の色を映す海の色もコロコロと色を変えていました。そのシーンの中を、羽田空港を
飛び立った飛行機や海鳥が次々と行き交って……。もう最高です。日が沈んで月が出て、暗くなるまで女ふたりでずーっと眺めていました。

 この日唯一の後悔は、この美しい夕暮れの移り変わりのすべてを写真に残せなかったことです。フィルムを撮り切ったカメラと、電池のなくなった私の携帯。さらに友達のカメラも電池がなくなり、あの感動を前半しか残せなかった。無念。あぁ、一眼レフとフィルムと三脚と電池はいつも持ってなきゃだめだなぁ。と思いながら、瀕死の携帯で撮った最後の一枚がこの写真です。でもカメラの準備不足を差し引いても、「海ほたる」での時間は私にとって最高に幸せなひとときでした。幸せって案外、ちょっとしたところにあるのかもしれませんね。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-21 01:33 | Daily
 
Surf Trip to CHIBA !! ~海編
a0018745_0274061.jpg

 今回の3連休は愛するポロ号を友人に届けるため、東京に行っていました。そのまま友人宅にステイしながらのんびり過ごしていたところ、共通の知り合いから「海、行かない??」との連絡が。海、好きです。そりゃもう、行きますとも!
 OKしたあとで詳しく聞いてみると、行き先は千葉、目的はサーフィン&ボディボードとのこと。私は根っからのダイバーで、ボディボード経験はオーストラリアでの2回きりです。今回は水着も持っていないし、行ったところで波に乗る自信もありません。でも、東京を離れて地元に帰ってきた私には、(キムタクも行くという)千葉の海に波乗りに行くなんて経験はこの先二度とないかもしれない。そう考えて、「陸でビールでも飲んでればいっか」と気軽な気持ちで参加してみました。

 当日は朝5時に起き、ポロ号に乗って首都高湾岸線をひた走り、京葉道路(のあたり)のサービスエリアで合流。ほどなくして九十九里浜に到着しました。サーフィンのことはさっぱりわからない私がまずびっくりしたのは、彼らのポイント選びへのこだわりです。堤防に一列に並んで海を眺め、人が多かったり波が小さかったりすると「移動!」とつぶやいてどんどんポイントを変えていきます。結局、九十九里浜の最北端と思しき飯岡というところに落ち着きました。
 サーファー&ボディーボーダーのみんなは、まったくやる気のない私を陸に残してどんどん海に入っていきます。ホントは友達がかっこよく波に乗るところを見たかったんだけど、メガネを持っていかなかった私には、海の中にいるサーファーの中から友達を見分けることができず……。「あ、あれがそうかなー。きっとそうだよなー」なんて想像しながら、ボーっと眺めていました。で、私はといえばカメラを片手にビーチをふらふら。歩いてくるサーファーを見かけてはシャッターを押してみたり、サーフボードを撮らせてもらったり。もちろん、友達のボディボードを借りて海にも入りましたよ(一回だけですが……)。疲れたら波の音を聞きながらお昼寝などもしてみたりして、1日楽しく過ごさせていただきました。やっぱり海っていいですね!

 海からの帰り道、その日2つめの大きな楽しみを味わうことができました。長くなりそうなので……。帰り道編に続きます。
[PR]
by trans-islands | 2004-07-21 01:09 | Daily
 
みなさん、ありがとう!
 今日、自分のブログを開いたら、大変なことになっていました。いろんな方からコメントをいただいて、しかも以前からお付き合いのある方々からは「おめでとう!」のコメントが。「???」と思ってよーく見てみると……。どうやら、エキサイトブログの「おすすめブログ」に認定していただけたようです。ありがとうございますっ!
 
 実は私は以前、旅系フリーライターという仕事をしておりまして、結構いろいろな国に飛ばしていただいていました。しかしながらその記録を自分ではまったく残しておらず、せっかくなので「いつかどこかにまとめたい」とずっと思っていたんです。今年4月を過ぎて少し自分に余裕ができ、「まぁブログというものでも始めてみようか」と始めたのがこのブログです。それから、偶然旧友に会えたり、ブログ友達(?)の皆さんとの交流をしながら、ブログの楽しみを味わっていたわけですが……。このたび「おすすめブログ」に載せていただいて、もっとたくさんの方に見ていただくことができて、本当にうれしい限りです。これまで遊びに来てくれた皆さんとエキサイトのスタッフの方、そして今日初めて来ていただいた方にも感謝! ありがとうございます。

 せっかくたくさんの方に見ていただける機会なので、夏っぽい、海っぽい写真をどんどんアップしたいのですが、今私は東京の友人宅に遊びに来ているため残念ながら数日間は写真のアップができません。事務所に帰るまでの間、今までの写真のなかから適当にお楽しみくださいね。 コメントや質問など、できる限りお答えしますのでどんどん残してください。それではまた!
[PR]
by trans-islands | 2004-07-19 01:45 | Daily
 
愛車が旅立ちます
a0018745_151155.jpg 私事ですが、このたび愛車を手放すことになりました。数年前、東京から引き上げてきた私のところに転がり込んできた赤いクルマ。フォルクスワーゲンのポロです。親戚のお姉さんに子供が産まれてどうしてもクルマを手放さなければならなくなったときに、ちょうど田舎に帰った私が買い取ることになりました。最初は「赤いクルマなんて! しかも外車!!」と思っていたんですが、乗っているうちに愛着はわいてくるものです。だんだんかわいく思えてきて、結構お金と手をかけて、大事に乗ってきました。

 しかーし! この数年間、私の足としてよく動いてくれたこのポロを、私は手放すことにしたんです。理由はいろいろあるんですが、今年になって車屋さんを始めたのがいちばんの理由。「売れ筋」のクルマを乗り換えていけると効率的だよなぁ、と思っていたところ……。梅雨入り前に、エアコンが壊れました。「暑いけどまぁいっか」と1か月くらいは「天然エアコン」で、窓を開けて走っていたところ……。今度は窓が壊れ、パワーウインドウが上がらなくなりました。結局そのダブルパンチに私も懐も壊滅的なダメージを受けて、意を決して手放すことに。
 それでも、いざ手放すとなるとさらなる愛着がわいてくるものです。特に今回は友達が買ってくれることになったので、車屋の端くれとして中途半端な状態では渡せません。結局、私は生まれ変わったように整備の鬼になり、自分では「まぁいっか」と思っていたところまで直しまくってしまいました。さらにめったに出さなかったディーラー点検にも出し、オイルも高級品に交換し、徹底的にお掃除もしました。「これからもかわいがってもらえよ」という思いをいっぱい込めて。

 というわけで、これからポロ号との最後のドライブを楽しみながら、東京に向かいます。新オーナーに「ポロ吉」と命名された私のポロ号。これからは東京の街をバリバリ走ります。今までありがとう。元気でかわいがってもらってね! 
[PR]
by trans-islands | 2004-07-16 15:13 | Daily
 
リベンジ ・ the LION KING  ~NagoYa 編
a0018745_2548.jpgNew York 編からの続き】

 ちょうど一ヶ月前、ブロードウェイで見てきた本場のTHE LION KINGを、100%の状態で楽しむことができなかったおバカな私。現地で誓った「日本でのリベンジ」を果たすべく、本日7月14日、行ってまいりました。新名古屋ミュージカル劇場で開催中の劇団四季「ライオンキング」へ。

NYで眠さのあまりボーっと見てしまった反省から、「今度こそ眠くならないぞ!」と昨日は早目に就寝…… しようと思ったのだけど、結局はいつものように午前様。でもまぁ、朝は意地でも目を覚まして友人と合流し、ランチを楽しんだ後で劇場に移動しました。でも、昼食後って眠くなりませんか? 前回と同じ過ちを犯すことを危惧した私は開場直後に席に座り、開演までの約30分間、ぐっすり寝ておきました。
 その「先に寝る」作戦が功を奏し、今日はスッキリした気分でショーがスタート。NYと同じように動物たちが登場し、NYと同じ鮮やかな衣装に目を奪われ、NYと同じ音楽のハーモニーに「じーん」ときて、ブロードウェイの感動が昨日のことのようによみがえり……。って、あれれ、同じじゃん! キャストのメイクとか、動物たちの動きも、曲も全部一緒! 劇団四季のオリジナル性みたいなものがなくて、Disneyのライオンキングを忠実に再現してる感じでした。もしかして厳密に言ったら少し違うのかもしれないけど、私にとっては全部同じに思えてしまった。きっとライセンスとかで厳しく制限されているんでしょうかねー。
 でも、うれしかったのは「全編日本語」ってことです。これなら会話の内容も、歌っている意味も全部わかります。「おー、そうだったのか」「こういう話だったのね」とうなずきながら、たっぷり楽しむことができました。特に「言葉がわかるって素晴らしいなぁ」と実感したのは、主人公のシンバが群れを離れてから一緒に過ごしたティモン(ミーアキャット)とプンバ(イボイノシシ)の会話のシーン。実はここ、NYではいちばん理解できなかったところだったんですね。ここが、名古屋では…… 会話がすべて名古屋弁だったんです。
 「何いっとりゃーすの」
 「はよ助けてあげないかんがね」
という感じの、コテコテの名古屋弁。お年寄りしか話せないような正統派(?)名古屋弁で、イボイノシシとミーアキャットが話したわけです。きっと、名古屋人でないと意味がわからないくらいの「コテコテ度」なんじゃないかしら。もちろん会場は大ウケで、私はといえば(……英語でこのレベルの方言だったとしたら、そりゃわからんわ)とひとりうなずいておりました。
 
 とにかく、これでリベンジは果たしました。今回は眠くもなかったし、ストーリーも理解できたし、ちゃんとギャグで笑うこともできました。やったぞ!!! ただ、全体的にあまりにも忠実にDisney版を再現していたので、新たな感想は特にない…… かな。出てくるときの気分もやっぱりNYと同じ感じで、心からの「よかったねー。キレイだったねー」という感想を発して2度目のライオンキング体験は終わったのでした。

【trans-islandsの劇団四季のライオンキング(名古屋公演)の感想のまとめ】
ブロードウェイのDisney版を、とにかく忠実に再現。あまりに忠実だったので、NYのときの感動(眠かったけど)がバーッとよみがえってきました。座席の座り心地はイマイチだったので、睡魔には襲われなくてよかった。そしてやっぱり、言葉がわかるって素晴らしいことですねー、ってのがいちばんですね。行って良かった。リベンジ大成功!
[PR]
by trans-islands | 2004-07-15 02:07 | Daily


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web