Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
カテゴリ:Asia( 19 )
 
自転車
a0018745_20232593.jpg 竹の植え込みの前にあった自転車。
この竹がちょっとオシャレな雰囲気で。

@仁寺洞、KOREA
[PR]
by trans-islands | 2005-06-21 20:24 | Asia
 
落書き
a0018745_20205140.jpg ポストになにやら不思議な落書きが……。
[PR]
by trans-islands | 2005-06-21 20:22 | Asia
 
伝統茶屋で一息
a0018745_20131357.jpg 友人おすすめのカフェ「傳統茶屋」にて。
お茶と餅菓子でゆったりと。

@仁寺洞/SEOUL
[PR]
by trans-islands | 2005-06-21 20:18 | Asia
 
韓国、モノクロ。
a0018745_14501943.jpgお久しぶりです~。
(と、何事もなかったように書きはじめてみます)
復活、復活と何度も書いたのに、更新しなくてごめんなさい。
なんか申し訳ないのですが、いつも書き出しても最後までいかないんですよね。
なので、無理して書くのはやめることにします。
これからは気が向いたときに、写真だけでもアップしていこうと思いますのでヨロシクです。

さて先日、週末を利用してふらっと韓国にいってきました。
愛機EOS5にモノクロフィルムを入れて、インサドンという町をふらふらしたんです。
そのときの写真を、少しずつアップしていきます。

まずは、お面。
おみやげ屋さんの店頭を飾っていたものです。

韓国ビギナーの私には、めちゃめちゃ新鮮なこの表情。
陽気な感じがいいですよねぇ。
[PR]
by trans-islands | 2005-06-04 14:52 | Asia
 
【Thailand】 ……おせん??
a0018745_2191047.jpg←コレは先日、タイ・コーンケーンの街をふらふらしていたときに
見かけた看板です。

ちょっと拡大してみましょう。
a0018745_21192964.jpg電柱が邪魔くさいけど……。見えますか? 燦然と輝く
おせんの文字。

どうやら、おせんべいの広告のようです。そうかそうか、日本のおせんべいはタイでも人気があるのか。。。と納得しかけたんだけど、ちょっと待った! 「おせん」の下に、聞き捨てならない文字があります。

えっ、焼きじゃけ味?

私は日本で生まれ育った日本人ですが、生まれてこのかた「焼きじゃけ味」のせんべいなんて食べたことありません。売ってるのもみたことないし……。いったいどんな味なんだ?
 とにかく気になってしまった私は、途中立ち寄ったスーパーでお菓子売り場に直行しました。でも、私の探し方がまずかったのか、たまたまその店になかっただけなのかわかりませんが、残念ながら「おせん」は見つかりませんでした。次回、タイに行ったときの重要ミッションとして、記憶の片隅に残しておこうと思います。

 ちなみに、看板の右側には日本語で、次のようなコピーもありました。

「良質な
お米を日本の
製法で丁寧に
焼き上げた
おせんべいです」


きっと、日本に英語の看板がいっぱいあるのと同じ感じですね。次回の出張が楽しみです。
[PR]
by trans-islands | 2005-03-27 22:17 | Asia
 
再開はタイから
 どうもですー。遅くなりましたが、今日はリハビリ第一弾。先日行ってきたタイの風景からはじめてみたいと思います。

 今回はお仕事で、タイの東北部のチェンマイと、北部のコーンケーンに行ってきました。で、もちろん仕事もしてきたのですが、バンコクより北に行くのが初めてだったので、結構張り切ってバシバシ撮ってきました。観光地には全然行ってないので、市場や食事などの写真でお茶を濁しますね。

a0018745_185661.jpg さて、まずはコーンケーンの市場です。朝、ちょっと時間が空いたので、みんなで出かけてみました。タイの市場って、なんか底知れないパワーを感じますよねー。旨そうなものとヘンなものがごちゃごちゃに売ってて、見るだけでかなり楽しめます。

<<唐辛子の山。か、辛そうです~。
a0018745_1858037.jpg<なまず……ですね。半開きの口に、ハエがとまっているところが哀愁を誘います。このなまずは結構な大きさです。7~80センチはあったんじゃないかな。。。

 きっと地元の人にとってはご馳走なんだろうと思いますが、私はできれば避けたいかな。。。川魚より海の魚のほうが好きです。
a0018745_1925971.jpg <<カニが売っています。それは普通なんですが、問題は売っている場所です。

 タイの市場は普通、だいたいのエリア分けがなされています。食べられるものと食べられないものは基本的に別の場所で売られています。食べられるものの中でも野菜エリア、果物エリア、魚エリア、肉エリアという住み分けがあるし、食べられないものの中では日用品エリア、衣料品エリアなどにざっくり分けられてるんですよ。

 それなのに、その秩序をまったく無視したこの店。。。パンツや靴下がごちゃごちゃに積まれたワゴンの前で、蟹です。あぁ、買いたくないなぁ。
a0018745_19135364.jpg<<そのほかにも、タニシや亀、タガメ、サンショウウオ、カブトムシの幼虫風の生き物など、思わず顔をしかめてしまうような食べ物がいっぱい売っていました。

 でも、野菜や果物はマジでおいしそうでしたよー。久しぶりにタイの市場を満喫させていただきました。でも見るだけでおなかいっぱいで、何も買わずに帰ってきたのでした。
[PR]
by trans-islands | 2005-03-17 19:12 | Asia
 
【Thailand】 夜景を見ながらちょっといい気分♪
 先月仕事で行ったバンコク。夜は基本的にBossを"夜の街"へとご案内して過ごしていたのですが、一晩だけ、Bossが風邪で寝込みました。やったぜ! 私の時間だ!! そこで、自分が幸せな気分になれそうな場所に出かけることにしました。

a0018745_20382017.jpg 私が幸せを感じる場所……それは高級ホテルの最上階のバーです。お酒代だけでこのうえなく優雅な気分を味わえるので、一人旅のときはたまに行きます。
 たとえ1泊2000円の宿に泊まっていても、きちんとした服装で堂々と振舞えば、高級ホテルなんてお手のものです。そこで、安宿からトゥクトゥクをかっ飛ばし、いざBanyantree Bangkok へ!
a0018745_20403386.jpga0018745_20404436.jpg ここの料金は1泊165ドル~。タイの物価や宿泊料金の相場を考えると超高級の部類に入ります。そんなホテルの屋上、地上61階にバーVertigoはありました。
a0018745_2194064.jpgVertigoとは、英語で「めまい」という意味です。地上61階、320メートルの高さでオープンエアーっていう環境、日本ではありえません。高所恐怖症の人でなくても、結構クラクラきちゃうかも。。。だからVertigo(めまい)っていう名前なんですね。バーカウンターから見下ろすバンコクの夜景は素晴らしいものでした。この写真で雰囲気伝わりますかね? 左が客席で、右側は夜景です。
a0018745_2110243.jpg そんな素敵な場所で、trans-islandsは1人で酒をあおります。最初のオーダーは、定番のジントニック。バーの良し悪しはジントニックでわかると信じている私、思いっきり合格点を出しました。さすが1杯250バーツ(750円)も取るだけあります。天晴。
 続いてオーダーしたのが写真の「モヒート Mojito」です。ニューヨークでも飲んだ思い出のキューバン・カクテル。生のミントがパリっと効いてて美味しかったです。
 それから、この写真に何か違和感を感じませんか? そう、実はここのグラス、最初から傾いてるんです。傾いたグラスと美味しいカクテルの相乗効果で、アタマは余計にクラクラモードに突入していきます。さすがVertigoという名前にふさわしい演出です。

 結局、まわりの人たちとも会話なんか楽しみながら、夜景を肴にカクテル2杯をゆっくり美味しくいただきました。1人でしたが、最高の気分を味わえました。最後に、私が楽しんだバンコクの夜景の写真を載せておきます。行った気分でご覧くださいね!
a0018745_21111268.jpg

Vertigo
Banyan Tree Bangkok 61st Floor
Opening hours: 5pm - 12am (weather permitting)
食事も可。アジア・太平洋地域でいちばん高いところにあるオープンエアのバーのようです。
[PR]
by trans-islands | 2004-11-07 20:46 | Asia
 
【Thailand】 タイで食べる屋台の麺料理
 アメリカ大統領選も無事終わりまして、Bush大統領が再選されてしまいました。はぁ~。あの好戦家があと4年、"世界のリーダー"やるのかと思うと、なんかブルーになってしまいます。まぁ、決まってしまったことを悔やんでもしょうがないですからね、これからは彼がもうちょっとマトモなリーダーに、人を殺して喜ばないリーダーになって欲しいと願うばかりです。

 さて、ここからは気を取り直して、旅の話をタイから再開です!

a0018745_2021344.jpg タイで食べるゴハンといえば、やっぱり安くて美味しい屋台は欠かせません。私は旅行中におなかを壊した経験がないので、平気でガンガン食べまくります。今回はちょっと事情があってあんまり食べられなかったのですが、意地で屋台の麺料理(便宜上、以下ラーメンとさせていただきます)だけ食べてきました。ちょっと紹介してみます。
a0018745_20201020.jpg タイのラーメン、こんな感じが多いです。豚・鶏ベースであっさり味の透明なスープで、麺と具は好みで選ぶことができます。
○麺=米の麺(太麺/中太麺/細麺)または小麦麺
○具=鶏または豚を選ぶ。
 ほかに具としてもやしとつみれとパクチーが入ることが多いかな。私がこの日食べたのはポーク・小麦麺のパクチー抜き。パクチー苦手なもんで (^^;
a0018745_2020224.jpg で、ここからがタイ・ラーメンの醍醐味。麺を頼むと必ず、この4つの調味料が出てきます。これで、あっさりスープにオリジナルの味付けをしていただくわけです。
 手前から時計回りに ①乾燥トウガラシ ②お砂糖 ③トウガラシ入りナンプラー ④辛いお酢 になってるはずです。私が好きなブレンドは、トウガラシ入りナンプラーを少し、乾燥トウガラシを少し入れて、最後に砂糖をパラパラッと入れる。ウ、ウマイ。。。

ここで「えっ?」と思った方、いませんか? 
「ラーメンに砂糖入れんなよ (`□´)コラッ!」って。


 そう思ったアナタは、間違いなく正しい日本人です。でもね、これが食べてみると、なかなかイケるんですよ。私も初めて勧められたときは半信半疑だったので、砂糖あり、なしのラーメンをしっかり食べ比べてみました。すると、ノーマルのスープはかなりあっさりしているんですけど、砂糖を入れると不思議とコクのような、深い味わいがスープにプラスされるのです。意外にも結構美味しいんですよー。

 ただし、度を過ぎると甘くなってしまうので、入れすぎは禁物。あくまでも、パラパラッと、味をチェックしながらさらっと入れるのがいいんじゃないかと思います。皆さんもタイに行く機会があったらぜひ試してみてくださいね!

タイの麺料理 : 好みの麺を好きな調理方法で by Amazing Thailand
[PR]
by trans-islands | 2004-11-04 20:25 | Asia
 
【Thailand】 タイで牡蠣を食す!
牡蠣、大好きです。
冬の牡蠣もいいですが、夏の岩牡蠣なんかも最高です。
食べ方としては、やっぱり生牡蠣がいちばんですね。
レモンと岩塩だけでツルッ、ポン酢と紅葉おろしでツルッ、
たまにはケチャップ+レモンなんかでもツルッと。あー、最高ですねー。

日本でもそんな調子なんで、タイでもいつも生牡蠣を食べちゃいます。プーケットとかサムイ島、近隣の港町なんかでは、フレッシュな牡蠣が入りますからね。うまいもんの前では「怖い」なんて言ってられません。いつも食べまくりです。当然今回もきっちり食べてきましたよー。

a0018745_205775.jpg 写真がちょっとイマイチですが、こちらが今回バンコクの高級シーフードレストランでいただいた生牡蠣です。

 サイズはちょっと小ぶりです。お値段は、島の屋台だと1個20バーツくらいだったかな。この高級店では1個50バーツでした。味はね、やっぱり日本のヤツよりもちょこっと臭みがある。なんで、つけあわせとチリソースでガツンとごまかすわけです。
a0018745_2010870.jpg
 こちらがタイで生牡蠣をオーダーすると必ず出てくるつけあわせです。この皿には必ず5つ載ってます。

1.マナオー (ライムみたいなやつ)
2.ニンニク (当然生です)
3.トウガラシ (私には辛すぎ)
4.揚げタマネギ (奥の茶色いもの)
5.雑草みたいな草

 ここでポイントになるのが「5.雑草みたいな草」です。牡蠣と一緒にコレを食べると当たらないといわれているんです。毒消し草ですね。ホントに雑草っぽい味ですが、毒消しならば食べねばならぬ……。くぅ~(T~T)。 なーんて、私はもう慣れました。実はそんなにまずくはないです(美味しくもありません)。

 というわけで、タイで生牡蠣を食べる手順は以下のようになります。

STEP1 マナオーをたっぷり絞る
STEP2 ニンニクを細かく千切って、牡蠣の上にばらまく (好みでトウガラシも)
STEP3 揚げタマネギを山のように載せる
STEP4 付属のチリソースをドロッとかける
STEP5 ツルッといただく!
STEP6 草をつまみに食べる


 文字で書くとそんなに美味しそうでもないんですけど、たぶん写真で見てもあんまり美味しそうじゃないと思うんですけど、いやー、これがマジでうまいんですよ。病み付きになります。軽く5個くらいはいけるし、10個は食べても平気なんじゃないかと。うれしそうに食べてる私を、Bossは異星人でも見るような目つきで眺めてたんですけどね……。

 とにかく、私はタイで食べる牡蠣が大好きです! 激しくおすすめです! でも…… おなかを壊すのが怖い方や、「新鮮なものを出してそうな店」の見極めが苦手な方は、やめといたほうがいいかもしれませんねー。以上、牡蠣の巻でした。
[PR]
by trans-islands | 2004-10-28 20:57 | Asia
 
【Thailand】 巨大ウィークエンドマーケット
 今回のバンコクへの旅、急だったもので土曜発、水曜着というフライトしか取れませんでした。ずっと商談してるわけではありませんからね、ちょっと余裕があったんです。

 バンコクに着いた土曜日の夜はおとなしく(?)寝て、翌日曜はいきなりのオフ。お休みです。せっかくなので、一度行ってみたかったウィークエンドマーケットに出かけてみました。
a0018745_13413523.jpg
 ウィークエンドマーケットがあるのは、バンコクを走るBTS(スカイトレイン)の終点、モーチット駅のすぐ脇です。一歩足を踏み入れてみると…… ものすごい人です! タイ人が、どこからこんなに集まってくるの? っていうくらい、とにかくたくさんいます。ものの本によると、毎週20万人以上が訪れるそうです。ひぇ~。

 敷地内は大雑把にエリア分けされています。「家具とかインテリアがあるエリア」「銅製品のあるエリア」「食器屋さんが多いエリア」「衣料品が比較的多いエリア」「ペット」「食品」「植木」「ニワトリ」はたまた「仏陀・仏像専門エリア」まで。。。。
a0018745_13491180.jpg
 ハイ、「仏陀・仏像エリア」です。手軽に置ける仏像から、金色に光る巨大な仏頭まで、さまざまなBuddhaが並んでいます。個人的に気に入ったのはですねー、いちばん手前の「祈る坊主」。手を合わせてひたすら天に向かって祈っていました。一眼レフやHOLGAでも撮ったんだけど、HOLGAは失敗です。。。  では次。
a0018745_1353466.jpg これは銅製品エリアと思われる場所での一枚。個人的にドラゴンズ日本一に向かって盛り上がっていただけに、買って帰ろうかとも思いましたが重くてやめました。ほかにも良くできたイルカの銅像なんかもあったんですけど、同様の理由であきらめました。さすがに持って帰るのは無理!
a0018745_13555384.jpg これはね、食器売り場でした。色とりどりのカップがキレイに並んでいたので、思わず一枚。値段は安いです。20バーツ(60円弱)~。こんなしっかりした造りの陶器をこの値段で売られては、地元の陶芸が苦戦するのもわかりますね。。。 ホント安かった。品質も問題ナシです。
a0018745_1414075.jpg 日本人の感覚から言ったらちょっと信じられないんですが、このマーケットではペットも売られています。生まれたばっかりのかわいいイヌが、カゴに入ってゴロゴロと転がされていました。ちょっとかわいそう。つれて帰りたくなるかわいい子もいましたが、旅の途中の身にはちょっと無理。。。いい飼い主が見つかるといいねぇ。  
 そういえば、以前南のほうを旅したとき、島で働いていた日本人の女の子が愛犬を紹介してくれて「バンコクのマーケットで買ったの」と言っていました。あれはココのことだったのか……と納得。
 ほかにはリスとハムスターがやたらたくさん売られていました。
a0018745_1481513.jpg ペットコーナーの一角では、サカナも売られていました。サカナの種類も幅広く、淡水魚も海水魚も混在。写真は海水魚屋さんですが、店内はニモだらけ! カクレクマノミが何千匹とうじゃうじゃ……。今年2月にシミラン諸島で会ったニモたちが含まれてないことを祈るばかりです。
a0018745_1445820.jpg 20万人が集まるという巨大マーケットです。もちろん、飲食店の数だって半端じゃありませんでした。この食堂では巨大鍋でカレーを作ってて、とても美味しそうだったのですが、屋台嫌いのボスの反対にあって食べられなかった。。。美味しそうだったなー。
a0018745_14112925.jpg そして屋台の中にはこんなものを売ってたところも。。。虫です。写真はバッタの素揚げっぽい食べ物。さらにコオロギやタガメ、トンボのほか、正体不明の幼虫まで売られてました。私はBossの「買ってやるからお前喰え」攻撃にさらされましたが、ここは固辞してなんとか自分の身を守ることができました。ほかにもいろんな虫の写真を撮りましたが、気分が悪くなる方がいるといけないのでやめときます。

 私たちは4時間くらいここにいました。何も買わなかったんですが、一周するだけでそれくらいかかっちゃったんですね。旅行者にとっては、おみやげ品などもとにかく安く、ほとんど値段が明示されているため、面倒な価格交渉をしなくても買い物できるというメリットがあります。素晴らしいマーケットです。
 それにしても、タイ人の底知れぬパワーを痛感したひとときでした。
[PR]
by trans-islands | 2004-10-25 14:20 | Asia


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web