「ほっ」と。キャンペーン
Top

更新お休み中 (-_-)zzz

by trans-islands
 
カテゴリ:Nagoya( 12 )
 
祝 落合監督胴上げ! 歓喜の現場レポート
a0018745_1142539.jpg ここにコメントくれた皆さん、ありがとうございます! そして全国のドラファンの皆様、おめでとうございます!! 
ついに、2004年10月1日、中日ドラゴンズがセ・リーグでの優勝を決めました!

 私はこの日、優勝の現場を目撃するため、ナゴヤドームに行ってきました。
a0018745_11522361.jpg私たちは5階パノラマ席、応援団の真上からの観戦でした。それでも盛りあがりは十分で、ドーム全体がドラファンで埋まっています。私はドームに着いた瞬間から、感極まって涙が出ました。 (T-T)ジーン
 試合のほうは延長戦の末、あと1本が出なくて残念ながら負けてしまいましたが、ヤクルトが負けたため優勝決定です! バンザーイ!!
a0018745_11494999.jpg試合終了後、轟音のような「落合」コールに呼ばれて監督が出てきました。それで、ついに夢にまで見た胴上げです。1回、2回、3回……。落合監督が宙に舞います。

おめでとう、監督!
ありがとう、ドラ戦士!

a0018745_12283671.jpg←今までと今年の大きな違いは、選手が一生懸命、のびのびとプレイしていたことだと思います。1塁まで一生懸命走る、常に次の塁を狙う、1発よりもつないで得点する。そんな野球の基本をチーム全体に浸透させた落合監督、天晴。
 そして、それを「選手ががんばってるんだから、選手を誉めてやって」といいつづけた監督、アナタは男の中の男だ!
a0018745_12372544.jpg←選手の皆さん、夢を見せてくれてありがとう!!! 今年はキャンプで日が暮れるまでしごかれて、大変だったことと思います。でも、今年の選手たちは何か違いました。一言で言うと、「のびのびとプレイしてた」って感じです。それができたのも、「成功は選手のおかげ、失敗はオレのせい」というスタンスを貫く監督がいたからこそだと思うのです。
a0018745_12361676.jpg←選手たちがグランドから消えた頃、私たちはライトスタンドの応援団に合流しました。ここで、涙の1曲。
♪遠い夜空にこだまする 
竜の叫びを耳にして
ナゴヤドームに詰めかけた 
ボクらをジーンとしびれさす
いいぞ、がんばれ、ドラゴンズ 
燃えよドラゴンズ!!
がんばれ がんばれ ドラゴンズ 
燃えよドラゴンズ!!!


バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!

a0018745_1650672.jpg←ナゴヤドームの外で応援歌を歌いまくった後、私たちはドラゴンズファンの聖地「ピカイチ」へ移動(※写真は一週間前のピカイチ)
ここではドラ娘さんと合流し、閉店で追い出されるまで応援歌を歌いつづけました。ドラ娘さん、いろいろありがとうございました♪

次は日本シリーズです。
勝って日本一を決めましょう!


Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by trans-islands | 2004-10-03 11:58 | Nagoya
 
ドラゴンズファンの名にかけて!
明日、行ってくるがね、ナゴヤドーーーーム!!!
(と、今日は名古屋弁で失礼します。)

えー、今日は、M1で迎えた神宮決戦。5年前の苦い記憶(優勝当日、会社の研修で伊豆大島に島流し)を甦らせつつ、フクザツな気持ちで熱く応援しました。だって、

今日勝つと、5年ぶりの優勝@神宮球場。バンザイ!(←でもTV観戦(涙)
今日負けると、明日からナゴヤドーム3連戦 (←負けは嫌だけど、目の前で優勝♪)


ドラゴンズファン歴29年と360日、trans-islandsは昭和49年、ドラゴンズが優勝したその年に、優勝決定の1週間前にこの世に生まれました。が、しかし、目の前で胴上げを見たことはないのです……。「今年こそは目の前で胴上げを!!」という思いは人一倍だと思います。

しかし、今回の横浜~神宮決戦には、仕事の都合でいけませんでした(涙)。そしたら、今日ラミレスに1発やられた……負けました(涙)。ってことは、ドラゴンズ、明日から本拠地ナゴヤドームに帰ってきます!!!!

明日は、ナゴヤドームに向かいます。少々仕事がありますが、野球優先でてきとーに終わらせて必ず向かいます。
ドラゴンズファンの名にかけて! 全国のドラファンの分まで応援します!

ドラファンの方で、明日ドームに行けない方、もしいらっしゃったらコメントください。PCを見られるタイムリミットは10月1日13時なので、そのときのコメントを全部プリントアウトして持っていきます。パネルも作ります。って、ドラファンじゃない方も遠慮しないでほしいんですけどね♪

ってことで、今日は興奮状態のtrans-islandsです。明日はもっと盛り上がる……かもしれない。とにかく、人生最高の美酒を浴びてきます!! 行くでねー、ドラゴンズ!
[PR]
by trans-islands | 2004-10-01 00:16 | Nagoya
 
【シリーズ・ナゴヤメシ】 味噌煮込みうどん
 最近、突然仕事が忙しくなり、レスや更新が遅れがちです。でも今日は、台風が接近中なので早く帰宅しちゃいました。そこで、久しぶりのナゴヤメシシリーズをアップします。

 「名は体を表す」といいますが、そのお手本みたいな料理ですね、味噌煮込みうどん。でも、ただ味噌汁にうどんを入れればいいというものではありません。麺はもちろん、手打ちの生麺。具は、かしわ(鶏肉)と卵とネギ、かまぼこが基本。しいたけとかあぶらげ、根菜類が入ってても良いですね。それを煮込むのは、どこの家庭にも当然常備されている"土鍋"でなければなりません。生麺と具を、赤味噌ベースのブレンド味噌でとろりと煮込むのです。……と、うんちく語り出したらきりがないので、興味のある方は味噌煮込みうどん専科をドーゾ!

 さて、先日、ブログ仲間のThunderballさんから"ナゴヤで味噌煮込み食べてきましたよ"とレポートをいただきました。そのおかげで私、普段は冬しか味噌煮込み食べないのに、無性に食べたくなってしまったのです。普段は冬しか食べないのに、早速近くの店にでかけていきました。友人のBloggerbuhikonさんと一緒に。

 私たちがオーダーしたのは「味噌煮込み(上)」950円(上と並の違いは、「肉が入ってるかどうか」だそうです)。待つこと10分弱、おなかをすかせた喰いしんぼう2人の前に、念願の味噌煮込みうどんが運ばれてきました!!!
a0018745_16445145.jpgこれが尾張名古屋の味噌煮込みうどんだがね

 アツアツの土鍋のふたを取ると、いつものように湯気がブワッと噴き出してきます。……味噌煮込みって、ナゴヤ以外の人にとっては「くどい」っていうイメージがあるみたいなんですけど、ちがいますよー。ラーメンの解説風に言うと、
「コクがあるのにさっぱり」
 この一言に尽きます。赤味噌ならではのコクのあるスープに、生の手打ち麺についてる小麦粉が微妙なトロみをプラス。それなのに、ダシがたぶんカツオやムロアジなどの和風さっぱり系なので、見た目ほどのくどさはありません。

 麺はちょっと太めなのですが、絶妙なコシを保った状態で仕上げられています。この太麺と味噌のスープがよくからみ…… そこに半熟卵(写真中央)から卵黄がトローッと……。あぁ、もうたまらん。で、アツアツのまま、「フーッ、フーッ」ってしながら、「熱っ」とつぶやきながら、食べるのです。もう最高!

 いやー、半年ぶりの味噌煮込み、ホントに旨かったです。これはThunderballさんに感謝せねば。……と、一気に食べ終えたtrans-islandsでした。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-29 22:08 | Nagoya
 
さんれんぱい……(涙)
今日は愛する中日ドラゴンズの応援です。チケット完売・満員御礼のナゴヤドームに行ってきました。しかし…… 

Σ( ̄ロ ̄;)ガーン また負けたぁ……

思えば今週月曜日、スト明けのプラチナチケットを握りしめて讀賣戦へ → 1敗
火曜日、気を取り直して選手会長・古田のいるヤクルト戦へ → 2敗
水曜日、「私が行くと縁起が悪いから」と観戦を辞退。知人にチケットを譲る → か、勝った
本日は祝日のプラチナチケットを無駄にしないよう、気合を入れてヤクルト戦 → 3敗

 今週trans-islandsが参戦したナゴヤドーム3戦、ぜんぶ負けました(涙)。そしてドラゴンズは明日から、横浜-神宮球場への旅にでてしまいます。きっとあっちでマジック点灯、優勝を成し遂げてしまうでしょう、、、。5年前、東京に住んでいたにもかかわらず、優勝当日だけ会社の行事で伊豆大島に島流しに遭ったという苦い記憶が頭をよぎります。今年こそは目の前で胴上げをみたかったのに……。残念です。

 でも、今日はそれなりに楽しめました。ナゴヤドームを埋め尽くすドラゴンズファン、ドーム5階がひとつになったウエーブ、ドラゴンズ応援歌「燃えよドラゴンズ」を歌う歌手・水木一郎氏の来場で、応援はかなり盛り上がりました。それに、NPBとの話し合いを妥結させたヤクルトの古田選手会長、9回に代打で登場して見事にヒットを決めてくれました。一応楽しめるファクターは盛りだくさんだったので良しとします。でもドラゴンズが勝たないと楽しみ半減だなぁ……。くぅ~。
[PR]
by trans-islands | 2004-09-24 00:00 | Nagoya
 
【シリーズ・ナゴヤメシ】 名古屋のご当地ラーメンって何だ?
ご当地ラーメン全盛の昨今、全国各地でその土地のラーメンが大流行してますよね。北は北海道から南は沖縄まで(まぁ沖縄は"そば"だけど)、あちこちにありますよね。でも、"名古屋ラーメン"って、聞いたことありますか? ないでしょ? きっとないと思うんですよ。……だって、そんなものないんだもん。

 と思っていたら数年前、JR名古屋駅構内にできた"名古屋驛麺(えきめん)通り"に"名古屋ラーメン"なるものが登場しました。……でも、ダメダメ。これって、"驛麺通り"を盛り上げるためにつくられた"プロジェクト"。「名古屋のご当地ら~めんを作れ! そして、名古屋に定着させろ!」という指令のもとで作られたものなんですよ。
ごとうちラーメン 【ご当地ラーメン】
その土地の名物であるようなラーメン。みそ味などで知られる札幌ラーメンや,とんこつ味で知られる博多ラーメンなど。     (三省堂「デイリー 新語辞典」より)
歴史や風土が育んだその町特有の味。  (ゼンリン「ラーメン全国地図」紹介より)
 
歴史や風土が育んだ、その土地ならではのラーメン、その土地の名物でもあるようなラーメン=ご当地ラーメン。"名物になりたい"ラーメンじゃちょっと弱いですよねぇ。

 でも実は、名古屋で生まれ育ち、ナゴヤ人に愛されているラーメンがひとつあるんですよ。
その名も、台湾ラーメン!!

 台湾ラーメンの発祥は、名古屋の今池にある中国台湾料理の老舗"味仙"。ここの料理人で台湾出身の郭さんが、"たんつーめん"という台湾の麺料理を元に考案したものです。もともとはまかない料理だったらしく、それがコアな客の間で人気となり、そこから名古屋中に広がったとされています。今では、名古屋の一般的なラーメン店(他のご当地ラーメンを売りにしていない店)では立派にメニューの一角を担う存在になっているのです。

では、いよいよ紹介しましょう。台湾ラーメンの登場です!
a0018745_20574546.jpg これです。ちょっと辛めの醤油ベースのスープ。ちょっと太めのタマゴ麺。具は、たっぷりの唐辛子でいためたひき肉と、ニラです。
 私はいつもこのラーメンを、ビールのお供としていただきます。うーん、順番逆かな。味仙に行ったらまずビールを注文して、青菜いため、アサリの酒蒸し、コブクロの3品をつまみに一杯。で、シメにいただくのです。台湾ラーメン。
 味はですねー、辛いです。とんでもない量の唐辛子で炒めてますからね。ホントに辛い。でもね、この辛さが最高なんですよ! 「あー、辛。」「からッ。ホント辛い」とブツブツつぶやきながら、いつも一気に食べちゃうんですよね。

 今回、仕事のついでにお昼に寄ったため、初めてビールを飲まない状態で台湾ラーメンをいただきました。……辛い。スープの味付けがかなり、濃いですね。やっぱり、こいつのポジションは"酒のシメ"しかないのか……。とも思いましたが、久々の台湾ラーメンはやっぱ最高でした。次は久しぶりに本店に行き、ビールの後に食べよう。またひとつ目標ができました。
a0018745_21142674.jpg
 あ、そうそう、最後に、きっとみんなが思っている
「なんで名古屋なのに台湾なんだ??」
という疑問を解決しておきましょう。
やっぱり「考案者の郭さんが台湾出身だから」だそうですよ。もちろん、台湾にはこんな料理はないそうです。名古屋らしいですよね。

中国台湾料理 味仙】名古屋市千種区今池1-12-10
[PR]
by trans-islands | 2004-09-01 21:18 | Nagoya
 
【シリーズ・ナゴヤメシ】 これぞナゴヤ名物! 味噌カツ@矢場とん
a0018745_14133978.jpg ナゴヤ名物の王道と言えば、味噌カツ。最近やけに名古屋づいている私は「次のテーマは味噌カツ」と勝手に決定し、「どうせ行くなら名店へ」と50年以上の歴史を誇る老舗「矢場とん」に足を運びました。

 実は私にとって味噌カツは外食メニューではなく、家で食べることがほとんどでした。名店といわれる矢場とんに行くのも初めてでした。わくわくしながら愛車フィガ郎を停めてひとり暖簾をくぐると、1時過ぎというのに店は満員。運良く1席空いていたカウンターに陣取って、いざメニューと対峙。

 どれをオーダーしたらいいのかとっても迷いました。やっぱりメニューの先頭に載っているものをオーダーするべきか、それともスタンダードでいくか。迷いつつ周囲を見渡してみると、半分以上の人が同じものを食べています。それならば、スタンダードで。いざ「ロースとんかつ(定食) 1050円」をオーダーです。

店員のお兄さん(店)「味噌でいいっすね」
trans-islands(ti)「えっ、味噌以外もあるんですか」
「一応ソースもありますよ。ほとんどの方が味噌頼まれますが。あと、ご希望があれば半々もできます。」
ti「えっ、半々。味噌とソースと半分ずつ?」
「ハイ、できますよ。そうされますか?」
ti「いや、ここは味噌で。」
「ハイ、では、味噌汁でいいですか? 矢場とん汁にしますか?」
ti「えっ、矢場とん汁。」
「はい、プラス157円で味噌汁を矢場とん汁に変更できます。どうされますか?」
ti「……矢場とん汁で。」

 ここまでの会話で、激しく疲れました。でも一応、スタンダードなメニューをオーダーできたと思います。他のメニューも魅力的だったんですが、それは次回に持ち越しです。

a0018745_1456014.jpg さて、5分もしないうちに早速とんかつが運ばれてきました。う、うまそう。

 この特製の味噌だれ、もちろんベースは赤味噌です。ここのは甘口で、味噌の味がしっかりするのに不思議とくどさはありません。以前横浜育ちの友人が「味噌カツなんてくどくて喰えん」と言っていたことがあるんですが、矢場とんはそんなことない(美味しくない店に当たると確かにくどいことも)。ここのは意外とサラッとしていて、かつがどんどん食べられます。私の説明ではきっと言葉が足りないので、矢場とんのホームページから「こだわり」を引用すると……。
「豚カツ」も「みそ」も本来くどい食べ物と食材ですから、本当に単純に掛け合わせて食すると、非常に味が濃くなりすぎて、胸焼けがしそうなしつこい味になってしまうからです。 ではどうしたら美味しい「みそかつ」ができるかと言いますと、やはり「厳選された素材」と「豚カツの揚げ方」と「みそダレ」をバランス良くマッチさせる事が最も重要なのです。

なるほどー。そうですよね。だからサラッと食べられるんだ。

 食事中、ふと前を見ると「口を変えたい方はすりごまをかけてどうぞ。唐辛子も合いますよ」という案内カードが。「では」と、半分食べた後でまずはすりごまをかけて「うまい」。最後の2切れには七味をたっぷりかけて「う、うまいっ」。とんかつを一気食いすることなどめったいにない私ですが、久しぶりに我を忘れて食べちゃいました。ごちそうさまでした。

a0018745_14484976.jpg あ、忘れるところでした。プラス150円でオーダーした矢場とん汁。こちらのほうは合わせ味噌でさっぱり。でも豚の旨味がしっかり出ているおいしいとん汁でした。こちらも、ごちそうさまでした。

矢場とん 矢場町本店 名古屋市中区大須3-6-23 11:00~21:00(月曜休)
矢場とん 東京銀座店 東京都中央区銀座4丁目10番14号 11:00~22:00(不定休)
http://www.yabaton.com/

【次週予告】来週は、ナゴヤのご当地ラーメン「台湾ラーメン」に挑む予定です。お楽しみに!
[PR]
by trans-islands | 2004-08-29 14:48 | Nagoya
 
Colorful !
a0018745_20105764.jpg 今日は仕事でナゴヤ市内へ。少し時間があったので、久しぶりに大須を少しだけふらふらしてみました。

 大須は"大須観音"の門前町的な古くからの商店街があり、その合間に古着屋さんや雑貨屋さんが出店していたりしてなかなか趣のあるところです。一方でナゴヤ随一の電気街でもあり、ナゴヤ人にとっては秋葉原的存在。小さな「電線屋」とか「真空管各種あります」なんて店も混在してます。

 写真は、そんな町の裏通りで見かけた古着屋さんで。「これぞカラフル!」という絵になりました。このTシャツ、全部柄が違ったんですよ~。
[PR]
by trans-islands | 2004-08-27 20:17 | Nagoya
 
【シリーズ・ナゴヤメシ】 ランチの王様・あんかけスパ
a0018745_16102239.jpg 県外・海外で暮らす愛知県民の皆さま、お待たせしました! ぱぱーん! 今日のナゴヤメシは「あんかけスパ」の登場です!!

 あんかけスパ……。聞いたこともないという方、結構多いかもしれません。この食べ物の正体は、名前の通り「あんかけのかかったスパゲッティ」です。このあんかけ、中華料理のあんかけとは別物です。ナゴヤのスパゲッティ専門店「ヨコイ」のご主人が開発したといわれているとろみのある特製ソースが発祥で、今ではあちこちで食べられますが、お店によって味が違います。でも色は茶色でちょっとスパイシーなこのソースを、太めの麺(2.2mm)でいただくのを総称して、ナゴヤでは"あんかけスパ"と呼んでいます。

 一般的に、太麺+あんかけソースの上に好きな具を選んで載せることができます。スタンダードは赤いウインナー+ピーマン+タマネギ+マッシュルームの"ミラネーズ"(店によって呼び方は異なります)とか、ハム+マッシュルーム+オニオン+コーンの入った"カントリー"、それを組み合わせた"ミラカン"あたりでしょうか。変化球として、豚肉を卵で固めた"ピカタ"、強引にカルボナーラと混ぜる"カルソー"(カルボナーラ+ソースの略)などもありますが、初めての方はスタンダードから食べるのが正解です。

 写真は、うちの近所にあるあんかけスパ専門店の"ミラネーゼ"。ここのミラネーゼは、贅沢なことに赤ウインナー、ハム、ベーコンと3種の肉類が使われ、さらにタマネギ、マッシュルームと混ぜて炒めたものを太麺の上に載せてくれます。お値段は800円。

 お味のほうはですねー、ソースがピリ辛です。このあんかけソースの正体、コショウの効いたトマトベース(でもトマトの存在感はない)のミートソース(でも肉の存在感もない)なんです。このトロッとしたソースが炒めた太麺によくからんで、病み付きになります。私もどーしても食べたくなることがあり、最低でも月に一度はどこかで食べているような気がします。私は夕食に食べることはほとんどなく、たいていランチでいただきます。お昼にどうしても食べたくなるメニューなんて、あんかけスパくらいですからね。私にとっては"King of Lunch"です。
 ピリ辛といっても、唐辛子ではなくてコショウの辛さなので、「辛いのは苦手」という方も美味しく食べられると思います。ぜひナゴヤにいらっしゃる機会があったら食べてみてくださいね。

あんかけスパが食べられるお店→ 名古屋麺喰い天国あんかけスパ紹介
あんかけスパの誕生エピソード+レシピ→ grappeeあんかけスパ紹介
東京・徳島・宮城でも食べられます → Pasta de Coco港区虎ノ門店 千代田末広店
あんかけソース通販 → からめ亭
[PR]
by trans-islands | 2004-08-25 17:11 | Nagoya
 
【ナゴヤ VS 新潟】 イタリアン対決!
私のRespect Blogs リストにある Pulpo Blog by jumpedforjoy さんからTBです。

 お盆休みで故郷、新潟に帰省されたjumpedforjoy(以下jj)さん。彼のブログの中に、小さいけれど気になる記事を発見しました。"イタリアン、桃太郎そしてぽっぽ焼き"

 「おぉ、イタリアンって新潟にもあるのか。距離は離れてても同じような食べ物があるのね。ふーん……」と思って写真をよく見てみると……。違うじゃないですか! 私の中では常識となっている「イタリアン」とは姿が違います。新潟では焼きそばにミートソースがかかった感じの食べ物が「イタリアン」と呼ばれているようです。な、なんですと~!!!  というわけで、ナゴヤのイタリアンを紹介せねば、と喫茶店を巡ってきました。

a0018745_13554277.jpg これが名古屋のイタリアンだでよ。

 えー、イタリアンというのはですねー、名古屋出身・ラスベガス在住のBloggermasaさんのところでも話題になっていたんですけど、どこの家にも常備されている「鉄板」の上に溶き卵を載せ、その上にケチャップで味付けしたスパゲッティが載っているというものです。具は、赤いソーセージとタマネギ、ピーマン。お好みで、タバスコ or 粉チーズ or ウスターソースをかけていただきます。

 ちなみに、味付けはケチャップと塩コショウのみでお願いします。「ケチャップにトマトソースをブレンドして味わいをプラス」なんていってる洋食店もあるようですが、そんなの邪道です。ケチャップはもちろん、愛知県東海市が発祥の地である「カゴメケチャップ」。ウスターソースも必然的に「カゴメソース(こいくち)」でなければなりません。あー、名古屋だなぁ。

 実は私、就職で名古屋圏から出るまで「イタリアンは全国区」だと信じていました。というか、あまりに普通のメニューだったので、「ナゴヤONLY」とは知らなかったのです。実はそんなメニューが結構多かったりして……。こういう愛すべきナゴヤ限定メニュー、これからも少しずつ紹介していきますね。

以上でナゴヤ人trans-islandsのイタリアン紹介を終わります。で、次は……
新潟県民のみなさん、jjさん、Hickyさん!!
アナタのイタリアンについてもっと教えてください!
ヨロシクお願いします!!!


【追記】
 私のまったく意図しなかったところで、別の議論が起こっています。
 私が撮ったこの料理、名古屋圏の中でも「イタリアン」「ナポリタン」とふたつの呼び方が混在しているみたい。私にとってはこれはイタリアンですが、隣町にも「ナポリタン」と呼ぶ人が……。「イタリアン」「ナポリタン」と呼ぶナゴヤ人の方からの書き込みもお待ちしています。
[PR]
by trans-islands | 2004-08-24 14:25 | Nagoya
 
GO DRAGONS GO !!!
a0018745_183032.jpg 今日はいつも以上に個人的なネタで失礼します。世間ではアテネオリンピックの話題で持ちきりですね。金メダルがどんどん増えていって凄いです。私も日本人の端くれです。夜はちゃんとオリンピック観戦してますよ。でも…… ナゴヤ人のtrans-islandsには、それ以上に気になることがあるんです。それは

中日ドラゴンズです。

 私は生まれついてのドラゴンズファンです。家族・親戚ともども、みーんなドラゴンズファンなんです(いかにもナゴヤ人って感じじゃないですか?)。 私はナゴヤ人です。今日は声を大にして言います。LOVE ドラゴンズ!! 

 おととい、そんな私に声をかけてくれたのが久しぶりに会った妹です。「おねーちゃん、明日ヒマ??」と、野球のチケットをひらひらしながら立っています。なんでも、彼女の婚約者が取引先からいただいたらしい阪神戦のチケットを私にくれるようなのです。私はすかさずチケットに飛びつき、ちょうどそのとき一緒に家で食事をしていた韓国人の陶芸家の友達YOONを誘って行くことにしました。レッツゴー、ナゴヤドームです。

 仕事の都合で試合開始には間に合いませんでしたが、なんとか1回裏のドラゴンズの攻撃中に席に着くことができました。今年はまだ買っていなかったドラゴンズのユニフォームシャツを買い込み、すぐに着替えて私も参戦です。韓国人のYOONは日本式の応援が初めてだったので、応援バットをプレゼントして、彼女も強制的に参戦させてしまいました。

 今期3度目の観戦で驚いたのが、阪神ファンの多さです。この前優勝したときにファンが爆発的に増えたのでしょうか。ネット裏に陣取った私の周りは、黄色×黒のメガホンや法被で囲まれていました。でも、私はめげません。ドームの反対側、ドラゴンズ応援団の応援に合わせて、阪神ファンからの冷たい視線となぜか遠慮して声を出せない中日ファンのあたたかい視線を一身に受けながら応援しました。

かっとばせー、井端! かっとばせー、立浪!

 試合のほうは、2回に中日が1点を取り、3回に4点を追加。5-0から4点を返されましたが、それから徐々に得点を重ねて最終的には10-5で勝ちました。私、実は映画や小説ではあまり涙も出ないのですが、中日が勝った翌日の「中日スポーツ」と名曲「燃えよドラゴンズ」で泣けるという変な特技(?)を持っています。だから、得点を入れたときに演奏される「燃えよドラゴンズ」を聞くだけで「じーん」と感動してしまいました。すごいよー、中日!

 今年はきっと、このまま優勝できるでしょう。今はオリンピックで4番福留と守護神岩瀬を欠いていますが、それでもどんどん点が取れる。特に最近の下位打線の活躍には素晴らしいものがあります。1999年に優勝したときのような勢いがあるんです。このまま、全員一丸となってシーズン終了までがんばってほしいものです。私も全力で応援し続けます。

9月の中旬には勝利の美酒を浴びられますように……。
GO DRAGONS GO!!!
[PR]
by trans-islands | 2004-08-19 19:27 | Nagoya


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
えらい数のブログが中止に..
from 多事論争
どうしようもなく、好きな..
from タイつながり
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
7/19夜 名古屋メシ ..
from 別冊aradas☆japan
サメット島でAppleと..
from ダンスと語学な日々
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Friends' Web